今年はチームで勝つことにしました。

昨夜、僕が主宰するフロントラインワークスで、今年の初Zoomを配信しました。

そこで話したのが、今年はチームで戦っていこうということ。

僕のこの数年間のスタンスは、

「個の力を鍛えまくって、誰にも頼ることなく稼げるようになろうぜ!」

というものでした。

ビジネスをやるにあたって、どこかで誰かや何かに頼るって、あるっちゃあるじゃないですか。

それがバランス良ければ問題ないんですけど、気づいたら依存度が高くなったりして。

こうなっちゃうと、無駄な我慢を強いられちゃったりすることもあるわけですよ。

まあ、頼ることは実際あります。

でも、最初から頼る前提でビジネスを作りまくっちゃうと、弱点を抱え続けることにもなるわけです。

だから、具体的な話だと、自分で商品作れるようになって、自分で集客できるようになって、自分で販売できるようになって、稼いでいきましょうねって話をしていたんです。

圧倒的に個を鍛えて、誰にも何にも頼ることなく稼いでいこうぜと。

それができれば、あらゆることに対して恐れを感じずに生きていけるわけですよ。

完全に個人競技、個人戦な感じ。

それが、今年は団体戦で戦っていこうぜとなったわけです。

「個の力を鍛えよう」というのは、今でも強く思っていることですよ。

ただ、最近は「個の力」なんてことは誰でも言ってるじゃないですか。

それどころか「自己責任」が極端に進んでしまっていて、誰もが孤高に戦うみたいな世界観になっているんですよね。

マジで他人に厳しいというか何というか・・・

修羅の世界ですわ。

なので、行き過ぎたものは戻しましょうということもあって、この作戦で行くと決めました。

具体的に何をするのっていうのはブログで書くと専門的すぎて、読んでる方がダルくなるので細かくは書きません。

フロントラインワークスのメンバーには、Zoomで話したので伝わっているはず。

イメージとしては・・・

これまでは、1人でガリガリ頑張って月に100万円を稼いでいたとします。

それが、10人で協力して月に2000万円稼ぐような感じ。

超ざっくりですがZoomで話したのは、つまるところ、そういうことです。

ただ、この団体戦ができるのも、これまでの「個の力!」と言い続けたからだと思います。

烏合の衆では意味無いですし。

それぞれ力の差はありますが、世の普通の人に比べたら、かなり鍛えられていますからね。

そして、コミュニティを5年6年と長く続けてきたことも大きいです。

実力派の先輩がしっかりと支え、中堅のメンバーがさらに上を目指し、モチベーション高いルーキーが結果を出そうと必死に頑張る。

「連綿と続く歴史」というと大袈裟なんですけど、そんなものがあるわけですね。

この歴史の中でも、コミュニティーをパッと見ると今はバランスが超良いんです。

そんな今の感じも、チームで勝ちたいな〜という気持ちの後押しになりました。

最近のルーキーから、将来のスターが生まれる匂いがします。

この感じ久しぶりです。

スターが生まれるとコミュニティ全体が活気づくので、みんな実績が伸びまくるんですよ。

なんやかんや僕も起業して10年以上生き残っています。

なので、風読みに関しては少々の自信があります。

個人戦から団体戦への移行は、今のタイミングがベスト。

世の中の流れ的にというのも、もちろんそうなのですが、コミュニティーメンバーの雰囲気的にも今のタイミングが本当に良いかなと感じます。

これまでのやり方は踏襲しつつ、僕も団体戦のために色々と新しいことをやります。

間違いなく忙しくなりますが、未来を想像するとワクワクしますね。

抽象的な話でフワッとしていますが、伝わっている人には伝わったはず。

ということで!

2022年も元気にがんばりましょう!

追伸

「仕事2.0 〜これからの新しい働き方を作ろう〜」という講義動画をお送りしてます。この記事を気に入ったら、ぜひ動画を受け取ってください。

こちらから受け取ることができます↓


小玉 歩