成功するために重要なのは「これ」ではないか?

何かで成功するために重要なのって「執念」ではないでしょうか。

成功というとおおげさなので「上手く行くこと」くらいが、表現としてちょうどいいですね。

大きな目標もそうですし、日々の小さな目標もそう。

結局、執念だよなーと。

転売ビジネスをやっていて、利益の出る商品が見つからないって人は結構いますよね。

でも、それって見つかるまで探してないだけじゃん?って思うわけです。

僕が中古カメラ転売をやっていた時は、もちろん利益の出る商品が、なかなか見つからない時もありました。

だからと言って、すぐに諦めて帰ったりしませんでしたよ。

商品が見つかるまで、あらゆるカメラ店を駆け回って必死に探すわけです。

閉店時間まで探しまくる。

ネット広告が全然ダメで、お手上げですって人もいます。

でも、それって上手く行くまでテストを重ねていないだけじゃん?って思うんですよ。

ここ数ヶ月くらい、Facebook広告でリスト単価が高騰していました。

こりゃ、もうFacebook広告はダメなんじゃないか?って空気も流れていたりもしました。

でも、何とかするしかないんです。

Twitterで情報を漁りまくったり、ネットを検索しまくったりして必死に解決策を探します。

そして、死ぬほどテストをする。

結果、今は最高に良い感じでFacebook広告を運用できています。

YouTubeで公開している天然石事業部もそう。

もちろん、僕の責任なんですけど、厳しい状況じゃないですか。

赤字、赤字でヤバいわけですよ。

だけど、どうにかするんです。

世の中の大体のことなんて、情報収集して、頭使って、悩んで、考えて、手を動かして・・・

そうやって頑張っていけば、何とかなるもんなんですよ。

ここでは書けないことなんですけど、僕がガチで取り組んでいるプロジェクトがあります。

これは、2年前に取り組んで、その時には不完全な感じで終わったんです。

でも、これを不完全なままにするのはマジで悔しいから何とかするぞと、改めて今年取り組んでいます。

絶対に上手く行かすぞって。

この「絶対に上手く行かすぞ」って感情は何なんだろうなと考えたら「執念」じゃないかって思う訳ですよ。

これは上手く行くはずだ。

上手く行かないのは、自分の何かが間違っている。

まだまだ取り組みが足りない。

この方法がダメならば、また他の手があるはずだ。

上手く行かないままにしておくなんて許せない。

絶対に上手く行かす。

上手く行くまで諦めないし、絶対やめない。

これ、やっぱり執念ですよね。

ビジネスに取り組んでいて大した結果も出せない人って、この感覚が無さすぎるなと感じます。

「分かんない!やーめた!」みたいな感じに簡単になっちゃう。

信じられないほど早い段階で、投げ出してしまっているんです。

そりゃそうだよねって。

今の経済状態が厳しいのも、上手く行かない感じになった時に、そうやって簡単に投げ出してきたからでしょう。

でも、それは結局自分が選んだこと。

本当に何かを手にしたいのであれば「執念」のようなものが生まれるはず。

それが生まれてないってことは、そこまでじゃないって話ですよ。

ボヤっと「できたらいいなあ」くらいで、何かができてしまうなんてあり得ないし。

成し遂げたいこと、手に入れたいこと。

そういったものがあるならば、まずは強烈に思いを馳せる。

そして、そこに対して執念を持つ。

これで大体のことはできちゃうのが、今の世の中だと思いますよ。

あなたは、そんな感覚を持って物事に取り組んでいますか?

というか、上手く行かないまま投げ出したり放置するのって、気持ち悪くないのかなって思います。

追伸

「仕事2.0 〜これからの新しい働き方を作ろう〜」という講義動画をお送りしてます。この記事を気に入ったら、ぜひ動画を受け取ってください。

こちらから受け取ることができます↓


小玉 歩