ネーミングの極意

昨日から合宿をやっています。

その名も・・・

「コンテンツセールスで成約が出たけどまだ月収100万円に届かない人の実績爆発ディレクション合宿」

です!!

って、めちゃくちゃ長いです。

当然ですが、長いのはわざとです。

僕は商品にしても企画にしても、ネーミングで絶対のこだわりがあるんですよ。

それは変にひねらないってことです。

「ひねらない」というこだわりです。

業界を見回してみると、狙って名前をつけて滑りまくる人って割と多いじゃないですか。

意味わからない上に狙ってる感が出まくってて、マジで寒い感じになるんですよ。

あれ、なぜか見ているこっちが恥ずかしくなっちゃうんですよね。

うわぁ、狙って滑ってる・・・って。

だったら、僕はダサさ上等で、そのまんまの名前をつけます。

まあ、さすがにこの合宿は、やりすぎて超ダサいんですけどね笑

でも、どんな合宿なのか説明がいらないでしょう?

あとは、コンテンツでも講座でも合宿でもいいんですけど、そのまんまの名前をつけると良いことがあります。

それは、そのジャンルの王道感だったり、ど真ん中感が出せるってことです。

例えば、僕で行くとこんな教材があります。

↓ ↓ ↓

https://themailmagazine.com/sl/

そのまんまの中の、そのまんま。

そのまんま以外の何物でもないでしょ?

「ザ・メールマガジン」ですよ。

こんな名前をつけちゃったら「メルマガの教材といえばコレ!」みたいな雰囲気出せるじゃないですか。

「ザ・メールマガジン」があると、これ以外の名前のメルマガ教材は何かひねった感がでちゃいます。

コンセプトのひねりっぷりが上手ければ良いんですけれど、下手だと寒い感じになります。

「ザ・メールマガジン」なんて、そのまんますぎてダサいかもですが、1周して風格すら感じられますな。

さすがに、風格は言い過ぎか・・・

まあ、でも言わんとしてることは伝わりますよね?

「ザ・なんとか!」みたいな、そのまんまのネーミングは結構おすすめですよ。

あと、もう1つ僕がやる、そのまんまのネーミングがあるので、ついでに紹介しますね。

それが「◯◯◯2.0」です。

僕でいくと例えばこれなんかそう。

↓ ↓ ↓

https://keizokukakin.jp/sls2/

うん?

なんか改めて見たら、ちょっとゴチャついてるな。

まあ、そんなこともある。

時間空けて見たりすると、自分でそんな気づきもある。

とりあえず!

それは一旦置いといて、名前だけ注目してください。

名前は「コミュニティビルディング2.0」です。

コミュニティビルディングってのは、そのまんまでコミュニティ作りって意味。

珍しくも何ともない普通の言葉です。

だけどーーーーーー!

それに2.0を付けると、あら不思議!

「これまでのものから進化した次世代のもの」「旧来の概念を一新する新バージョン」みたいな雰囲気が出るんですね。

これ何でもいけますよ。

「情報発信2.0」

「Twitterマーケティング2.0」

「YouTuber2.0」

とかね。

2.0はマジで便利です。

何つけても新しい感が出ます。

なんなら、3.0でもありです。

でも、僕は2.0が好きですね。

ビジネス系じゃなくても、どんなジャンルでも行けますよ。

例えば・・・

「ストレッチ2.0」とかどうだろう。

「ザ・ストレッチ」でもいいね。

進化バージョンを演出することも、王道のど真ん中感を演出することもできる。

フロントラインワークスのメンバーだと、着付師の加藤咲季さんが使っていましたね。

「THE 浴衣」って。

これぞ浴衣の教材でございまーす!って、決定版みたいな雰囲気が出ているじゃん。

ダサーと思ったかもしれませんが、加藤さんの「THE 浴衣」は、めちゃくちゃ売れてましたからね。

分かりやすくて、それで売上も伴ったらビジネスとしては大正義でしょ。

変にカッコつけた結果、コンセプトも伝わりにくく売上も滑ってしまったとしたら、目も当てられませんから。

ということで、今回お伝えした「小玉式ひねらないネーミング」はマジでおすすめです。

「ザ・◯◯」

「◯◯2.0」

この2つは、ネーミングの時に、頭の隅に置いといてください。

ではでは、合宿2日目頑張ってきます。

みなさまは、良い週末を!!

追伸

「仕事2.0 〜これからの新しい働き方を作ろう〜」という講義動画をお送りしてます。

この記事を気に入ったら、ぜひ動画を受け取ってください。

こちらから受け取ることができます。

小玉 歩