副業サラリーマンの流儀ベスト10【副業月収5万から翌月50万円へ】

今回は副業サラリーマンの流儀ベスト10をお伝えしていきます。

まず「流儀って何?」って話なんですが、これは「どのように副業に取り組むのか」その心構えの部分を流儀と呼んでいるわけですね。

そういう「心構え」みたいな言葉を使うと

「小玉さん、そんなのいいから儲かる副業が何かを教えてくださいよ~」

こんな感じで言われることが多いんですよ。

でも、ちょっと聞いてほしいことがあります。

この世界には、色々な副業が存在します。

もちろん副業の種類によっては、「稼ぎやすい・稼ぎにくい」はあります。

これは間違いなく存在します。

ただ、どの副業を選んだとしても稼ぐ人は稼ぐし、稼げない人は稼げないんですね。

では、ここで質問です。

「あなたは稼ぐ人と稼げない人どっちになりたいですか?」

もちろん答えは「稼ぐ人」ですよね。

稼ぐ人ってどんな人で、どうしたら稼げるようになれるのか。

今回は、その核心部分に迫りたいと思いますので、ちゃんと最後まで読んでいただき、書いてある10個のことを実践していただければ稼げる人になれます。

1:新しいことを学ぶという意欲を持つ

副業に取り組むと新しいことを覚える必要があります。

よっぽどエキサイティングな会社じゃない限り、会社員ってなんとなくだいたい同じ感じの毎日をこなすちゃうんですよね。

そして、それが5年、10年、15年・・・と続くと、どうしても新しいことに取り組むのが苦手になってしまう。

単純に面倒になっちゃうんですよ。

そういう人が副業を始めたとして、ちょっとでもわからないことがあると

「初心者には難しいです」
「それはやったことないので無理です」

とか言って、脳がシャットダウンしちゃうんです。

難しいのはわかりますが、それを解決しようとしたり、そのために勉強したりするのって当たり前のことだと思うんですよ。

その当たり前のことができないから稼げないわけで。

だからどの副業をやるにしても、「新しいことを学ぶぞ!」っていう意欲を持ちましょう。

2:わからないことを放置しない

副業を始めると、サラリーマン生活の毎日と比べると新しいことの連続なんですね。

次から次へと新しいことがやってきます。

そこで、やってしまいがちなのが

「わからないことを放置して、わかるところだけを進める」

これは良くないですね。

たとえば、僕が「これをこうやったら10万円稼げますよ」っていう手法の取り組み方を5段階で教えたとします。

でも、多くの人ってわからないことが出てくると平気で飛ばしちゃうんですよ。

5段階あるのに4段階で終わっていたら稼げない。

5段階あったら、5段階すべてに取り組んで結果が出るノウハウなわけです。

挙句の果てに、4段階しかやっていないのに

「あのノウハウ、だめだったわ~」

なんてことを平気で言ったりするんですね。

だからこそ、わからないことを放置して飛ばしたりしてはいけません。

わからないことがあれば、恥ずかしがらずにわかる人にちゃんと聞いたり、調べたりして解決していきましょう。

3:独学での取り組みは大きな遠回りになる

僕が副業でネットビジネスに取り組んだときは、転売ビジネスから始めたんです。

ネットサーフィンしていろんな情報を集めて取り組みました。

でも、会社終わって家に帰ってからずっと副業に取り組むくらい、それこそ朝から晩までややるくらい、どれだけ頑張っても月に10万円も稼げないっていうことが半年とか続いたんですね。

これなら、マジでバイトのほうがマシです。

というのも、僕は転売ビジネスに取り組む前は副業で、居酒屋のバイトをしてたんですよ。

そのバイト代が月7万円ほどあって、時給換算したら明らかに居酒屋のバイトのほうが良かったわけですね。

そんなこんなで稼げない日々を過ごしていたときに「オークションアービトラージ」という教材を発見したんですよ。

この教材を通勤中の電車で読んだり、お風呂に入りながらも読んだりしてましたね。

もちろん読むだけでは意味がないから、ちゃんと中に書いてあることを実践したわけですよ。

すると、この教材を購入した次の月に、なんと50万円稼げちゃたんです。

今思い返してみても、本当によくできた教材だったなと。

初心者が余計なことをしなくて済むように、結果までの最短ルートがわかりやすく書かれているわけです。

教材をつくっている人は、これまでの色々な試行錯誤をして見つけたうまくいく方法を体系化しているわけですから、そういった教材などを購入したり、先駆者から学ぶのが、結局のところ一番早いです。

めちゃくちゃ能力高い人は、ネットで調べた情報をもとに自分なりに考えて取り組んで結果を出せると思います。

でもそれは本当に頭の良い一部の人だけですよ。

僕らみたいな普通レベルの人は、ちゃんと誰かが教えてくれる手法を学んで、それをそのまま実践するのが、結果が早く出るコツです。

誰だって早く稼ぎたいじゃないですか。

4:片手間で稼げるとは思わない

最近よく聞かれるのが「スマホでも稼げますか?」って質問。

まぁ稼げないことはないですよ。

でも稼げる金額はお小遣い程度ですね。

いって1~2万円ですかね。

もちろん、3年前、5年前と比べてスマホのスペックはすごく上がりました。

でも、やっぱりスマホは仕事をするための道具にはまだなっていません。

だって考えてみてください。

ITの会社でスマホだけで仕事をしている会社ってないんですよ。

絶対にパソコンを使うじゃないですか。

スマホで稼ごうとか思っている人は、どこかに片手間で稼ぎたいって気持ちがあるんですよね。

でも、せっかくやるなら、何十万円とか何百万円とか稼ぎたくないですか?

「片手間で」という気持ちで取り組むとこれは厳しいです。

さすがになんの努力もなしには稼げないです。

スマホじゃなくてパソコンでやりましょう。

5:会社以外の時間をすべて使う

副業ってことは、今は本業があるわけじゃないですか。

朝起きて、通勤して、会社で仕事をしている。

もし、あなたが副業に取り組んで、人生を変えるレベルで稼ぎたいと思っているならば、会社で仕事をしている時間以外は、すべて副業に使ってほしい。

仕事が終わって、家に帰ってからの時間はもちろんのこと。

通勤時間、お昼休憩などのスキマ時間だったり、休日の土日も、もうそのすべてを副業に使ってほしいんですよ。

さすがに

「テレビも見たい」
「飲みに行きたい」
「ゲームもしたい」

そのうえで

「副業でお金もたくさん稼ぎたい」

っていうのは無理な話ですよ。

本気で稼ぎたいと思っているのであれば、自分の時間をひたすら副業に投下してください。

時間を使うのは前提中の前提です。

6:すぐに稼げると思わない

たとえば、ライターのようなクライアントワーク的な仕事であれば、指示されたものをこなして、納品したらいくらみたいな感じなので、すぐに稼げます。

クラウドワークスやランサーズでライティング業務を探して、2、3日とかで収入を得られたりします。

もちろん、そもそも文章が得意だったり、要領が良かったりってのが前提としてあります。

とはいえ、ライティング業務では100万円とか200万円は稼げないわけです。

一個の記事を納品してお金をもらう世界なので、レバレッジが効かないんですよ。

つまり、限界があるんですね。

なので僕は、人生変わるレベルの副業として「コンテンツ販売」をオススメしています。

この「コンテンツ販売」であれば、3ヶ月でビジネスの全体像が見えて、半年で「よし!稼げるぞ!」という感じになり、1年で会社の給料を超えて、2年でマジで人生が変わるって流れです。

だから、収入を得るまでに、どんなに早くても3ヶ月から6ヶ月ぐらいはかかるわけです。

副業に取り組んで、「すぐに魔法のように稼げる」なんて妄想してしまうと、スキルを身につける期間なのに、そこを稼げない期間だと勘違いして、その壁を超えられないんですよ。

「なんだよ!全然稼げないじゃねーか!やーめた!」って諦めてしまう。

だから、あなたがもしも、副業に取り組んで人生を変えるレベルで稼ぎたいって考えているのであれば、すぐに稼げるとは絶対に思ってはいけないんです。

じっくりと腰を据えて取り組む覚悟が必要です。

7:お金が生まれる仕組みを理解する

「副業やるぞ! インターネットビジネスだ!」

とか言って、とりあえずツイッターを始めてみたり、ブログ始めてみたりする人って多いんですよ。

でも、そういう人たちに限って

「それってどのようにしてお金が生まれているの?」

って質問しても、そのあたりのことは全く理解していなかったりするんですね。

「ツイッターで稼いでる人がいるから僕もやってみよう」
「ブロガーで儲かっている人がいるから自分もやってみよう」

みたいな感じで、なんとなくの雰囲気だけで動いているんです。

そういう人が稼げるかって言われたら、当然稼げない。

特に雰囲気だけで動く人は、「インターネットビジネス=魔法のように稼げるもの」だと勘違いしちゃってるケースが多くて、いざやってみると大変で、すぐやる気を失う人がほとんどなわけですよ。

副業で、インターネットビジネスをやるにしても、いろいろなビジネスがあるわけで、それぞれがどんなビジネスモデルで、

「どうやってお金が生まれているのか」
「どうしたらより多くの利益を生み出すことができるのか」
「そのためには何をどんな順番で取り組んでいけばいいのか」

これらを把握しなければいけないんです。

ツイッターにしても、ブログにしても、それが趣味だったら別にいいんですよ。

もう自由にやってくださいって感じです。

でも、お金を稼ぐとなると、その目的のために、できることならば最短距離を進んでいきたいわけじゃないですか。

だから、お金が生まれる仕組みを理解しなければいけないんです。

それが理解できていない状態では、最短距離を進むことは不可能なわけです。

YouTubeにしても、プラットフォームを使った物販ビジネスにしても、何でも同じです。

「どうやってお金が生まれるのか」

これについて理解しておきましょう。

8:副業を言い訳にしてはいけない

副業に取り組み、そこで収益が発生するということは、パソコンの向こうに人間がいるってことで、お客さんがいるってことです。

そして、お客さんにとっては、僕らが本業でやっていようが、副業でやっていようが関係ないわけですよ。

「副業だから~」みたいな感じで、手を抜いたり、顧客対応が遅くなったりすることは許されるわけがないんですよね。

タクシーで運転手さんが「すみません。私、新人なんで・・・」なんて言ってくるときがあるじゃないですか。

本来であれば、新人だろうが、通常料金をもらっているならば、サービスのクオリティは一定じゃないといけないわけですよ。

だから「新人なんで・・・」とか言われても知らんがなって話じゃないですか。

本業・副業もそれと同じです。

たとえば、副業でネットショップを始めるとするじゃないですか。

その時に、自分のショップに副業マークなんてつけないでしょ。

というか、そんなお店で買いたくないじゃないですか。

タクシーだって乗る前に、クルマの外側に、こう新人マークがついてたら、僕は乗りたくないって思っちゃいますね。

「本業だ! 副業だ!」っていうのは、お客さんには関係ないわけですね。

そのため、どちらにせよ、しっかりとしたものを提供する必要があります。

あとは、僕が運営している「FRONTLINE WORKS」というビジネス・コミュニティでは、日報を投稿してもらっているのですが、「今日は本業が忙しくて取り組めませんでした」というような、日報をよく見るんですね。

それって、やばいです。

今、あなたは会社に勤めているとするじゃないですか。

それで、たとえば何かプライベートで忙しいことがあったとして、それを理由に会社を休めますか?って話なわけです。

「プライベートが忙しくて会社に行けませんでした」
「今日は本業が忙しくて取り組めませんでした」

これって極端かもしれないけど、僕にはまったく同じように聞こえるわけですよ。

もっと言えば、これを読んでいるあなたが、副業でお金を稼いで人生を変えたいと思ったなら、副業に全力でコミットしなければならないんです。

「人生を変える」ってそういうことなんですよ。

なんなら本業よりも副業に力を入れてもいいぐらいです。

本業が超大事で「この先もずっとやっていく」って感じだったり、本業は本業のまま「副業で月数万円のお小遣いが稼げればいい」っていうならばそれはもう仕方がないってことで、そういう人たちは、圧倒的に本業を優先しましょう。

でも、しつこいようですけど、副業で稼いで人生変えたいって思うならば、本業も副業もないわけですよ。

会社に勤めながら、それとは別に事業を始めたならば、「起業して自分が社長である」っていう自覚を持っていきましょうよ。

9:他のビジネスに気を取られない

副業で何かネットビジネスに取り組むじゃないですか。

そうすると、なかなか結果が出ない時期って誰にでもあるんですね。

そんな時に、他のビジネスでめちゃくちゃ稼いでいる人を見ると、どうしても気になってしまうわけですよ。

「隣の芝生は青く見える」みたいな。

それで、今までやっていたものをやめちゃって、その新しいビジネスに移行してしまう人が多いんです。

その気持ちはわかります。

特に自分が取り組んで、1か月とかやっても、なかなか結果が出なければ、他のビジネスが気になるのはわかります。

「あ~~、自分がやっているビジネスよりも、あっちのほうが結果が出しやすいわ!」

こんな感じになってしまうわけですよ。

でも、そこで今やっているものを放り出して、新しいものに取り組んではダメです。

ネットビジネスって、なかなか成果が出ない時期が続いて、あるとき、ちょっと結果が出ると、そこからギュンって、急成長して伸びていくんですよ。

これってビジネスに限らず、新しいことに取り組む時の成長カーブは、大概そうなるんですよね。

あとちょっと頑張れば結果が出るのに・・・ってところでやめちゃって別のことをしちゃう。

マジでもったいないです。

新たに始めたビジネスも、結局のところ、結果が出るまでは、ある程度時間がかかるわけですよ。

その時期を過ごさなきゃいけないってのは、また同じことの繰り返しなんですね。

あと少しで結果が出る手前で、他のビジネスが気になって、今やっていることを放り出して、新しいことをやっちゃう人って、永久にその負のループにハマってしまう。

しかも、こういった人に限って、30万円とか50万円の塾などに入ったりするから、出費だけが、どんどん増えちゃうんですね。

だから、一度これだって取り組むことを決めたら、石にかじりついても、それを続ける覚悟が大事です。

10:とにかく諦めない

これが一番大事です。

副業で取り組むようなネットビジネスの場合

「世界を変えるぜ!」
「社会貢献しよう!」
「世の中をもっとよくします!」

みたいな、そういう大きなビジネスではないんですよ。

こういうのって、果てしない感じでロマンがあってめちゃめちゃかっこいいです。

やってる本人は、世の中を変えられるという確信があって取り組んでいますけど、僕らから見たら、それらがうまくいくかどうかわからないわけです。

だから、そこは、夢と希望に満ち溢れる超優秀な若者にお任せしましょうよ。

僕らがやることって、月に数十万円とか、年商で数千万円とか、いっても数億円とか、このサイズのビジネスなんていうは、ある程度、道筋が決まっていて、ゴールも見えてるんですよ。

だから、簡単ではないけど難しすぎるってこともないわけです。

もちろん、人それぞれゴールが違うって話もあるけど、仮に第1のゴールを月収100万円に設定するのであれば、その道筋はめちゃくちゃ明確ですよ。

明確だけど、途中で山あり谷あり、曲がりくねった道あり、なのでラクではない。

でも、辿り着けないわけじゃない。

そうした山や谷にぶつかった時に、諦めない人が稼げるようになります。

ようするに、能力の高い人は簡単に辿り着けるけど、能力の低い人はちょっと苦労するって違いだけで、越えられない山や谷ではないってこと。

最後に、根性論で申し訳ないのですが、諦めないことはすごく大事です。

同じことをやっても3ヶ月で結果を出す人もいれば、1年かかって結果が出るようになる人もいるわけで、短距離走じゃなくて、マラソンだって考えましょう。

しかも、そのマラソンも1位を取る必要ないですよ。

完走すればいい。

遅くても完走すれば、OKなマラソン。

途中で棄権したら終わりですけど、完走すればいいんですよ。

マラソンコースから外れずに、正しい道で進めさえすれば、そのうちゴールにつくんです。

これがめちゃくちゃ大事です。

コースから外れて進んでしまうとゴールに辿り着けないのは当たり前ですよね。

僕も、これまで色んな人を見ていて思うわけです。

結局、諦めないで続けていると稼げるようになる。

普通に日本語での会話が成り立つ人だったら、継続さえすれば、遅くともマラソンコースを走りさえすれば、結果は出るんです。

たまに日本語で会話が成り立たない人とかいるじゃないですか。

こういう人は、ちょっと難しいですね。

マラソンコースを走ってもらえないからです。

「コースこれですよ」ってアドバイスしても、逸れていってしまったり、そもそもマラソンコースのスタート地点にすら立ってくれない人とかもいるんですよ。

そうなってしまうと、さすがに僕の力でも何とかしてあげられないですね。

でも、思ったよりそういう人っているんですよね。

だから、ここ最近は「困ったなぁ~」と思うことが多いのですが、「本当になんとかしたい!」と考えているならば、読解力とか基礎学力を身につけるところからやる必要があると思います。

まぁ、いずれにしても継続です。

諦めない姿勢ですよ。

僕がかなり前から言ってることがあって

「やり込む。やり抜く。諦めない」

これはスローガンみたいなもんです。

これって大事ですよ。

新興宗教じみてしまうんですけれども、本当これに尽きるな、と思っているので、心に留めおいてくださいね。

「あーしんどい」
「あー難しい」
「あーめんどくさい」

そう思ったら、

「やり込む。やり抜く。諦めない」

って声に出してみてください。

ということで、ここまで10個お伝えしてきましたが、もしかしたら、ちょっときついなって思ったかもしれません。

でも、これが普通です。

お小遣いレベルの金額ではなく、年商で数千万円、数億円を副業で稼ぎたいのであれば、これが普通です。

結果が出る人、稼いでる人は、言われなくても自然とこの10項目ができているわけですよ。

今はまだできていないって人も、今日お話しした10項目を意識するだけで、毎日の行動が変わりますよ。

なので、まずは意識するところから始めましょう。

追伸

「仕事2.0 〜これからの新しい働き方を作ろう〜」という講義動画をお送りしてます。

この記事を気に入ったら、ぜひ動画を受け取ってください。

こちらから受け取ることができます。

小玉 歩