オンラインサロンに入っても稼げないよ。

「ネットで稼ぎたい」
「副業で稼ぎたい」

こう思ってインフルエンサーのオンラインサロンに入る人って多いですよね。

でも残念ですが、それでは稼げるようにはなりません。

特に、そのインフルエンサーのように稼ぎたいと思っているならば、なおさら無理だと思います。

ちなみに言っておきますが、僕はインフルエンサーでは、ありません。

多くのインフルエンサーは、デジタルコンテンツやオンラインサロン、オンラインスクールといった自分の商品をネット上で販売しています。

もし、あなたがこのような稼ぎ方を真似したいと思って、オンラインサロンに入ったとしても、それらと同じように稼ぐことはできません。

「小玉さん! それは売る商品がないからですか?」

そんな質問が聞こえてきそうですが、これはね、なんとかなるんですよ。

最悪アフィリエイトでもいいんです。

そもそも根本的な問題というのは「商品」ではありません。

ズバリ「集客」なんです!

ビジネスにおいて集客はめちゃくちゃ大事です。

多くのインフルエンサーはTwitter、YouTube、Instagramなどで影響力を拡大していったわけですが、なぜそこに大企業から広告の依頼があったり、講演会の依頼があったりするのかと言えば、集客できるからですよね。

ただ、「自分もインフルエンサーと呼ばれるくらい影響力をもちたい!」と言って、Twitter、YouTube、InstagramなどSNSのフォロワーを増やしていくのってめちゃくちゃ難しいし、しんどいわけです。

つまり、そう、再現性が低いんです。

もちろんある程度のやり方や方程式はありますが、ことのほか才能だったり、生い立ちだったり、センスによる部分が大きいからですね。

また、わかりやすく稼げるような集客力を持つまでに、それこそ3~5年とか相当な時間を要するのも事実。

有名なインフルエンサーが活動を開始してから、目立った稼ぎを出せるようになるまで、どれくらい時間がかかったか、ちょっと調べてみてください。

みんなかなり苦労しています。

じゃー、そのインフルエンサーと同じ時間、同じことに取り組めば、同じような成果が出るのかって聞かれたところで、その答えは「正直難しい」って話になるわけです。

それがSNSの世界・・・

この世界は、そもそも継続することが大前提で、そこ自体がスタートライン。

そのうえで、多くの人たちの共感を得続けなければいけないとダメなわけですから、やっぱりインフルエンサーたちはすごいなーと感心してしまいます。

リツイートが1000されるような、うまく人の心をグッとつかむツイートができたり。

「うわぁ~素敵だな~この商品ほしい!」と感じさせる動画を作れたり。

これらはマジですごい才能であり、圧倒的なセンスなわけです。

僕も頑張っていますけど、正直なところ全然かなわないな~と思います。

インフルエンサー自身が、その影響力や集客力を持つに至るまでの流れをきちんと言語化して、それをオンラインサロンのメンバーに再現させることができていれば、なんら問題はないのですが、それって本当に難しいことだなって思うんです。

なので、実際にオンラインサロンに入ったとしても「SNSを使った集客の難しさ」と「稼ぐまでにかかる時間の長さ」が、きつくて8割くらい挫折してしまうわけです。

ただ、ここでひとつお伝えしたいことがあります。

僕は、インフルエンサーの方々やその方々が運営するオンラインサロンを批判したいわけでも、否定しているわけでもありません。

シンプルに「インフルエンサーになれば簡単に稼げそう」などと甘く考えている人がいたら、それは完全に間違っていますよ、ということを声を大にして言いたいだけなんですね。

では、インフルエンサーでもない普通の一般の人が、短期間で稼ぐためには、いったいどうすればよいか?

その答えこそが「ネット広告を勉強しよう!」です。

ぶっちゃけ、これですべて解決します!

もちろん、この「ネット広告」、オンラインサロンによってはサロン内で教えてくれるところもあったりしますので、その場合はそこでしっかりと勉強していただくのがよいと思います。

僕がこれまで実際にTwitterやYouTubeを実践してきてわかったのが、SNS発信でフォロワーを増やしていくのって、本当に難しくて、センスも必要で、そして何より時間が掛かる。

一方でネット広告であれば、とにかく効果が出るのが早い。

広告を出したらすぐに集客がスタートできるわけです。

あとは、見るべき指標の数字を見ながら、テストを繰り返し、その広告を最適化していくだけ。

TwitterやYouTubeなどに代表されるSNSで勝負する場合には、一定レベル以上のコンテンツ配信を長期間にわたり積み重ね続けて、それでようやく意味が出てくる。

逆にネット広告は積み重ねとは違い、テストをある程度繰り返して、一定の反応の基準値を越えた答えが見えたら、そこからはある程度、放置できるんですよ。

そのため、まずはネット広告を勉強して集客しましょう。

最初はそれで大丈夫です。

その後、商品が売れるようになり安定した段階で、SNS やYouTubeをやっていけばいい。

この順番が本当に大事なのでもう一度お伝えしますね。

「ネット広告→ SNS強化」の順番です。

こんなことを言うと

「小玉さん~でもネット広告の場合って広告費が掛かりますよね? それが心配で・・・」

こんな質問をしてくる人がいそうだなと思いました(笑)

ここについても、私の答えは明確です。

広告費をかけてプラスになるような流れを作っておけば何も怖くありません。

たとえば、

「1万円の広告費をかけたら、3万円の売上を生む」
「10万円の広告を出したら、30万円の売上を生む」

こんな感じです。

そもそもビジネスって、そういうことなんですね。

「広告費を使いたくない」とか「すべて無料でやりたい」などと言って、半年~1年くらいコツコツとSNSの強化をする人がいますが、その多くは途中で挫折してしまう。

これまでそういった方々を本当に何百人レベルで見てきた僕が言うので確かです。

もし仮に挫折しなかったとしても、1年後に売上がどんどん上がるような影響力や集客力が備わっている保証はないんです。

一方で、ネット広告を使えば、集客は確実にできます。

それこそ、今日からでも明日からでも可能なわけです。

もちろん適当に広告を出してもダメですよ。

ある程度の知識と勉強は必要ですからね。

もちろん、どこのオンラインサロンに入っても、勉強になるしビジネスの力がつくと思いますよ。

僕が見たところ、インフルエンサーが自分のビジネスに広告を使ってるケースって結構少なかったりするんです。

普通に考えればわかると思いますが、そもそも売上の大きい会社で広告費を使っていないところなんてないわけですよ。

僕の会社で運営している通販事業は、月商で1億円を超えていますが、広告費だけで何千万とか掛かっているのが実態です。

みんなもきっと大好きで、僕も大好きな「マコなり社長」の裏話が配信されているサービス「Makonari Inside Stories」だって、日本最大のエンジニアスクールの「テックキャンプ」だって、ガンガン広告が出てるわけです。

あなたも見かけたことありますよね?

それこそYouTubeにも出てるし、facebookにも出てる。

あのNewsPicksだってガンガン広告出てきますよね?

みんな広告を使っているんですよ。

だからマジでネット広告のスキルは身につけておいて損することはありません。

オンラインサロン内で、ネット広告の流れやスキルを教えてくれているのであれば、それを絶対に真剣に勉強してください。

もし、ネット広告を勉強できるところがなければ、それが学べる他の講座などに参加してみてください。

そうすることで、あなたが稼げるようになる確率がぐっと上がります!

ようするに、集客の部分で「広告を使う」ってことをもっと意識してほしいんです。

ここだけの話、 TwitterやYouTube、InstagramなどのSNSで影響力をもって集客できるようになるために掛ける莫大な労力と時間に比べたら、ネット広告で集客ができるようになるほうが、何十倍も再現性が高いわけですよ。

もう一度言います。

オンラインサロンを批判したり否定したいわけじゃありません。
インフルエンサーを批判したり否定したいわけじゃありません。
別に僕のコミュニティFRONTLINE WORKSに来てねってことが言いたいわけでもない。

もう、そういう次元の話ではないってことなんですよ。

「今ある環境を最大限に活用できてますか?」ってことを伝えたいだけ。

芸能人クラスの桁違いなオンラインサロンのオーナーは別格ですが、そこらへんのオンラインサロンのオーナーよりも僕のほうが普通に稼いでると思います。

だから、この記事をここまで読んでくれたあなたには、是非ともネット広告を実践して稼げるようになってほしいと願っております。

それで、その学んだネット広告の技術を駆使して、あなたが参加しているオンラインサロンに、集客や新規事業開発、マネタイズの仕組化などの形で恩返しだったり、いろんなことを還元していってください。

それが、きっとサロンオーナーにとって一番嬉しいことですからね。

小玉 歩