音声メディアは来るのか?うん、来るぞ。

3月ごろからYouTubeを、ずっと頑張ってきていました。

今も引き続き頑張っていて、何が喜んでもらえるかなーと日々考えているところです。

そんな中、ビジネス系のインフルエンサーたちが「音声メディアが来るぞ〜!」と声を上げ始めたわけです。

当初は全くもって、しっくり来ていませんでした。

というのも、自分は基本的にインプットは書籍派なんですね。

ですから、音声メディアで何かを学ぶってのが、ピンと来ないわけですよ。

ただ、冷静に考えると、YouTubeで何かを学ぶってのも無いわけでして・・・

それでもYouTubeは超来まくっている現状です。

ということは、そういうこともありますよね。

「受け手の気持ちになって考えてくださいね!」と僕自身が指導で、いつも言っていることなんですよ。

それが自分自身で、できていなかったという話です。

自分がそうじゃないからって、世の中も同じわけ無いじゃんね。

まあ、音声メディアについてニュースを見ると、世界的プラットフォームは続々とpodcastへの注力を表明しているわけです。

直近でもこんな感じ。

「Amazon Music、ポッドキャストを開始」9/16

「アップルがOprah’s Book Clubシリーズを公開してポッドキャストの活用を拡大」9/9

「今年のポッドキャスト広告市場、7.8億ドルに…前年より1割以上増加」9/9

うーん・・・来るんだろうな。

これまで僕がやってきたことって、ビジネス系のインフルエンサーと全く違うんですよね。

だから、彼らのセンスや感覚って、僕には全く無いものなんです。

ここは素直に乗っかってみようと、1週間くらい前から気合い入れてやっていたりします。

それで音声メディアって、プラットフォームが色々とあるわけですよ。

最初はスタンドエフエムを主軸に活動を考えていました。

ただ、色々と考えて注力するのは、ひとまずhimalayaにします。

ここから色々と仕掛けていくので、フォローしておいてください。

→ https://www.himalaya.com/business-podcasts/2546984

ここから、どのように稼いでいくのか、リアルタイムで見れる楽しさがあると思います。

僕の立ち上げからの何かって、あまり見る機会無いでしょ?

そして、先ほど挙げたスタンドエフエムについて。

スタンドエフエム自体が大きくなるのかな〜と言う部分で、気になるところがあるんです。

人間の本能と、サービスの理念が、利用者増加の観点で見るとバッティングしているなあと。

いやね、最近「本能」という視点を個人的にとっても重視していまして。

そうなると何か引っかかるんです。

ただ、スタンドエフエムはスタンドエフエムで、しっかりとした役割があると一方では考えています。

ですから、こちらもフォローしておいて下さい。

→ https://stand.fm/channels/5f59a15bf04555115dd8aa88

こっちはこっちで色々と、やっていきたいと思います。

気づいたら2つは全く別の動きになるはず。

なんせ音声ファイルがあれば、ザッとアップしちゃえば複数プラットフォームでも普通に発信活動ができます。

「音声メディア」という観点で、とりあえず全方位でしっかりと見ていきたいと思います。

himalayaとスタンドエフエムには特に注力していきながら、この2つで違う動きをしていくので今後の展開を楽しみにして下さい。

小玉 歩