個別面談→高額コンサルセールスがダサい。

前回の記事ではコミュニティ運営でのバックエンドについてお伝えしました。

コミュニティ運営はバックエンドがすごい。

バックエンドは広告費がかかっていないので、ビジネスのインパクトは大きいんだよ〜と、そして私の場合その合計金額が7億2,000万円だよ〜というお話をしました。

今日のお話はタイトルの通り「個別面談→高額コンサルセールスがダサい。」という内容。

塾やスクールをセールスして、その後に個別面談とか言って受講生と1対1で会って高額コンサルをクロージングしている人が多いのですが、あれってダサいな〜と思います。

もちろん、コンサルの質はまちまちで、ちゃんとその分の成果を出させている人もたくさんいますよ。

ですが、塾やスクールのカリキュラムがダミーゴールになっているケースがあったりするのはとってもダサいし、そもそも初心者に対して超高額をいきなりチャージするって、しかもそれを個別でガッチガチにクロージングするのって美しくないと思うんですよ。

これ本当のお話なのですが、私の場合はバックエンドを強烈にセールスすることはありません。

ご案内して、必要性を伝えて、各々が必要だと感じていれば、それを購入する感じです。

個別で会ってガッチガチのクロージングなんてしませんし(そもそも面倒)、こちらから見て必要無いと思うような人が購入しようとすれば、それを阻止するくらいです。

「もうちょっとコレを勉強してからにしようぜ」って感じで。

個別にクロージングする時間があるくらいなら、コミュニティメンバーと飲み会していたほうが、よっぽど色んな面で良いことがあるんですけどね。

それを分からず、目先の高額コンサルを売っていくのはアレですな。とってもアレ。

しかも、それが100万円200万円単位だったりするから驚きですよ。

「そんなに大金頂いて、ちゃんとしたコンサルティングできるのかな〜あの人ごときに」って思ったりもします。(これはちょっと毒。だってそういう事例多すぎるんだもん。かわいそうに。)

こちらから見て必要ないと思う人が購入しようとすれば、それを阻止すると言いましたが、基本的に私のバックエンドを購入する方は、それが自分に必要だと自分で考えて喜んで購入します。

ちゃんと、喜んで購入するようなバックエンドなのかどうかって、とっても大事ですよ。

これがわかっている人がどれだけいるのか。

そもそものお話で、コンサルって商品で言ったら最高峰じゃないですか。

そんな最高峰の商品を初心者、もしくは初心者に毛が生えた人にセールスするってのもおかしな話ですし、最高峰をそこで出してしまったら、自分の商品ってもう手札無しですよ。

なので、簡単にコンサルなんて売ってはいかんと思います。

自分だって個別コンサルだから、それこそれ命削って相当に時間割いて相手に接する必要があります。

となれば、何人もコンサル生を抱えるわけにはいかなくなりますよね。

物理的に時間を投下することになりますから。

これっていうのは、こちらの記事でもお話ししました。

コミュニティに関する8つの質問

設計のお話です。

設計がすごく大事なのですね。

この設計がしっかりしていれば、コミュニティーメンバーは在籍を継続してくれますし、その期間でバックエンドを喜んで購入してくれます。

喜んで購入するための設計が大事なのです。

ちなみに、こういう表現もまた生々しいといえば生々しいのですが、ビジネスとしてデータを取っているので言ってしまいますと、バックエンド合計購入金額は上位15名で1億1,740万円です。

1人あたり782万円。

これも初心者が少ない資金から必死に捻出して支払っているわけではありませんよ。

もし、そんなことがありましたら止めますし。

でも、そういった「搾り取ろうマインド」がある人も結構いますから気をつけてくださいね。

前回の記事で7億2,000万円なんて数字を出したので「アイツ売りまくりだな〜」と思われたら、それは間違いなので今日はこんな感じになりました。

コンサルという自分の最高峰のサービスをむやみに初心者に売ってはダメですよ。

そもそも、初心者はコンサルを活用しきれないでしょうし、こちらの言っていることも分からないと思います。

例えばそこで100万円200万円の世界の料金を頂くなら、初心者にはもっとハマる数千円の書籍がありますからね。

成果を出させるために、何もそんな大金出させる必要は無いわけです。

なんでもかんでも、いきなりコンサルを売ってしまっている人は、ちょっと自分のビジネスを見直したほうがいいと思います。

絶対にぶっ壊れますので、その形。

小玉 歩