「モチベーションが・・・」とお悩みのあなたへ。

先日ちょいとアクシデントがあって、肋骨を痛めております。

とっても困っています・・・

そもそもが軽いヒビ程度の雰囲気で、受傷から3週間経ちました。なので、もう問題なかろうと、懸垂、腕立て、ダンベルを軽くですが昨日やりました。

そしたら、本日受傷部に、ドーンという感じの違和感です。痛いってわけじゃないんですけどね。こりゃ、どうしたものかと。この位なら軽めで続けていいのか、それとももう1週間完全に休むべきなのかというお悩み。

やっぱりですね、筋トレはいいですよ!!!

筋トレをするとテストステロンというホルモンが分泌されるんですよ。これはいわゆる男性ホルモン的なやつです。テストステロンが分泌されると、「やる気」グンっと出てきます。

なので、日課として筋トレを肋骨を痛める前はやっていました。仕事の合間合間にもやっていました。集中力が切れたかな〜ってときに、懸垂をガッシガッシやっていくと集中力が回復するんです。

もちろん、プラセボも多分にあるとは思います。ですが、更年期うつの治療でテストステロン投与をする事もあるので、モチベーション的な部分への影響は、多かれ少なかれあると思いますよ。

そもそも、テストステロンは30代から、減少していくホルモンなんです。ですので、筋トレをすることでテストステロンを出しまくるってのは、これは良い事たくさんあると思います。

「モチベーションが・・・」というお悩みはよく聞きます。

このお悩みを聞くたびに「やる気ないならやめたらいいじゃん。誰の事でもない、自分の事だし」なんて毎回思っていました。

ただ、筋トレはこの解決策の1つにはなるんじゃないですかね。体は強くなるし、健康にはなるし、30代から減るホルモンを増やせるし、悪いことは無いと思いますよ。

それにしても・・・うーん、この肋骨の状態は、どうしたらいいんだろうか。筋トレできるっちゃできるわけで、とっても悩ましいわあ。

小玉 歩