結婚前の同棲ってあり!?印象などについても詳しく解説!

今回は、結婚前に同棲をすべきなのかどうか、同棲は印象的にどうかなどについて話していこうと思います!

あなたは同棲についてどういう印象を持っていますか!?

結婚前の同棲はアリ?ナシ?

結論からいいますと、結婚を前提とした同棲ならアリだと私は思います!

私自身、妻と籍を入れたのは12月ですが、その年の9月に一緒に住み始めました。

他人から見れば、結婚をしていないカップルですからこれは同棲となる訳ですが、私たちは結婚を前提としていたので単なる同棲という訳ではありませんでした。

一緒に住む前は、向こうの両親にも挨拶をしましたので、お互いの両親公認で同棲を始めました。

このように、周りの人達が賛成してくれているのであれば同棲してもいいのではないかと思います。

結婚前の同棲についての印象は!?

今でこそ同棲というのは当たり前になっていますが、一昔前は同棲というのは当たり前ではなかったようです。

きっと、同棲をするというのは「はしたない」とか「だらしない」とか、そういうイメージがあるのではないでしょうか。

たしかに、結婚を前提としていない同棲というのはちょっとだらしないかなと私も思います。

もし自分に娘がいたとして、男と同棲をするってなったときは相手に結婚の意思があるのかないのかを確認したいと思ってしまいます。

その結婚の意思がないままの同棲は認めたくはないですね。傷物にされてポイなんていうのはごめんです。

ただ、しっかりと結婚をするという意思があるなら同棲を認めます。相手を幸せにするという覚悟があるならOKなのではないでしょうか。

同棲にはきっとそういうイメージがあるんではないかと思います。

同棲前は両親に挨拶をするべき!?

同棲前は、彼女の両親に挨拶をすべきです。

さきほども書きましたが、もし自分に娘が出来たときに顔も知らない、性格も分からない男と一緒に勝手に住まれたらどう思いますか?

それって絶対嫌ですよね。

まず一言、言いに来いって思いませんか?

だから彼女と同棲するときは必ず彼女の両親に挨拶をしに行きましょう。

「結婚を前提にお付き合いしています」って一言言うだけで向こうの親は安心すると思います。

 

結婚は2人だけでするものではありません。

こちらの家族も彼女の家族も、親族みんなが関係してきます。

親族みんなが納得のいく結婚となるように、必ず筋は通しておきましょう。

同棲するタイミングについて!

ここまで話をしたら同棲をするタイミングについてもピンときますよね。

そうです!

彼女と結婚すると決まった時です。

 

結婚を前提としない同棲は意味がありません。ただダラダラと過してしまいます。

彼女からしてみたら、こう思うはずです。

「この人は同棲をして何がしたいの?」

と、こう思ってしまいます。

 

同棲をするのなら、彼女のことを思いやり、結婚をして彼女の人生を支えて行くくらいの気持ちがなくてはいけません。

同棲をする期間も彼女の時間を使うわけですから、その時間を無駄にせず、お互いの人生についてしっかりと考えていきましょう。

同棲中の費用負担は?家賃、生活費について

同棲中の費用負担はどうするのかという問題です。

ほとんどの場合、男のほうが家賃だけでも全額を出すというのがスマートでしょう。

同棲を2人で一緒に部屋を借りてスタートする場合も、初期費用は男性側が全部出すべきです。

だだ、もし彼女側に貯金の余裕がある場合は初期費用の何割かは女性側が出してあげてもいいかもしれません。

 

男性側がまだそこまで稼ぎのない場合は食費や光熱費などの生活費は折半でも問題ないと思います。

ただ、同棲するということは、少なくとも結婚する可能があるということが多いかと思います。結婚後のことも想定して男が多めに出すのは当然だと言えるでしょう。

 

女性の部屋に転がり込んで来た場合も一緒です。

元々女性側の名義で借りている部屋であっても、給料が入ったら男のほうが女性に現金で家賃を手渡ししてあげましょう。それがスマートな生活だと思います。

「ひも」なんていうのはやめましょう。相手の親にも申し訳ないことですし、男としてかっこ悪いことです。

女性と一緒に住むのであれば、同棲中の費用はスマートに男が多めに支払いましょう。

同棲する部屋の間取りはどうすればいい?

お互いに働いていて、お給料に余裕があるのであれば、2DK(2部屋+食事もできるキッチン)以上でもいいと思いますが、基本は1LDK(1部屋とリビング+キッチン)がいいのではないでしょうか。

同棲するくらいなので、別々に寝るということはあまりないと思います。一緒に寝ることを前提とするならば1LDKで十分です。

ただ、どうしても荷物が多くて1部屋だと入り切らない場合や、2人の共通の意見としてそれぞれの部屋が欲しい場合は2部屋必要になります。

その場合は2部屋以上ある部屋を借りた方がいいでしょう。

同棲を解消することもある!?

今まで他人だった人同士が一緒に住むわけですから、当然同棲を解消するということも有り得るでしょう。

育ってきた環境が全く違う人同士が一緒に住むことは大変なことです。特に最初のほうは小さいことでもイライラすることでしょう。

例えば、タオルを置く位置だとか、掃除をする頻度だとか、洗濯物の干し方だとか、食器の洗い方だとか…

そんな小さなことでも言い争いになることがあります。

 

でも、それは時間が解決してくれます。

今まであなたが住んでいた実家でそんな小さなことで揉めたことがありますか?恐らくないと思います。

あなたが彼女と一緒に同棲を始めたとすると、最初はこんな小さなことでと思うようなことで揉めることもあると思いますが、そのうち揉めなくなりますので大丈夫です。

 

ただその一方で、お互いにどうしても我慢の出来なくなることがあるかもしれません。

例えば、彼氏がギャンブルを辞めずに家計に響くだとか、タバコを辞めてくれないとか。

彼女の場合だったら、男遊びが多いだとかそういう自分にとってやめて欲しいことを辞めないのであれば、今後一緒に暮らしていっても意味がないことです。

同棲をしてみてどうしても暮らせないという理由が見つかった場合は同棲を解消することもやむを得ないでしょう。

同棲についてのまとめ!

同棲とは彼女とこれから一緒に暮らして行く、結婚がしたいという決意があるのであればしても良いと思います。

ただ何となく一緒に生活したいからというのはやめましょう。彼女の貴重な時間を奪ってしまってはいけません。

一緒に生活をしてみて、どうしても意見が食い違って結局お別れをすることになっても、それはそれでお互い納得行くことでしょう。

スタートは結婚を前提とした同棲をおすすめします。

@media screen and (min-width: 1201px) {
.upczd5deaf9e5005f4 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.upczd5deaf9e5005f4 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.upczd5deaf9e5005f4 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.upczd5deaf9e5005f4 {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.upczd5deaf9e5005f4 {
display: block;
}
}

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします


婚活ランキング

@media screen and (min-width: 1201px) {
.ewdrj5deaf9e50062c {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.ewdrj5deaf9e50062c {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.ewdrj5deaf9e50062c {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.ewdrj5deaf9e50062c {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.ewdrj5deaf9e50062c {
display: block;
}
}

@media screen and (min-width: 1201px) {
.pamux5deaf9e500656 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.pamux5deaf9e500656 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.pamux5deaf9e500656 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.pamux5deaf9e500656 {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.pamux5deaf9e500656 {
display: block;
}
}