シングルマザー【母子家庭】生命保険は必要?未来の不安解決ブログ!

シングルマザー母子家庭にとって生命保険は必要なのか?

と心配になりますよね。

 

一人で子育てをしていると自分に何かあったらと、

保険をかけたいという気持ちは凄く分かります。

 

もし、自分が働けなくなったらと考えると将来もとっても不安になりますから。

 

しかし、いざ保険をかけたいと思っても毎月の貯金や

生活費のことを考えると高額な保険に入るのは難しんですよね。

 

保険にかけているお金がなかったらあれも買えるのにと思うと

本当に保険っているのかないらないのかなと考えることもあるでしょう。

 

実際に、私自身も長くシングルマザーをしてきて生命保険をかけた方がいいのか

または、どのぐらいの保険に入ったらいいのかと悩んで考えてきました。

 

一言に保険といっても生命保険や医療保険積立保険などたくさんありますよね。

 

しかし、これらの選択を誤ってしまうと毎月かなりの出費になり

結果何事も起こらなかったら無駄なお金になってしまいます。

 

今回は、シングルマザー生活を長くしてきて保険について

最近見直しをしたので少し勉強したことをお伝えしていこうと思います。

 

ただこれは、個人的な意見なのであなたの生活スタイルお仕事内容収入によって

参考になるところが一つでもあればいいなと考えています。

シングルマザー【母子家庭】生命保険は必要?未来の不安解決ブログ!

生命保険という選択がある前にまずは遺族年金という制度があることを知っておきましょう

これは、シングルマザーが万が一なくなってしまった場合残された

子供達が受け取れる支援があるということ。

こうした公的な支援があるということをまず知ってから足りない金額を、

生命保険や死亡保険医療保険としてかけて行くのが無駄にならないのではないでしょうか

シングルマザーの医療保険の選び方見直し方

実は医療保険にかなりの金額をかけていた私

 

20代の若い頃から何かあったらどうしようと不安に駆られてしまって

毎月毎月大きな金額をかけてしまっていました。

 

これは、ちょっと無駄だったなぁと感じたことは以下の三つのことを知ったからです。

高額療養費制度

疾病手当金

ひとり親家庭医療費助成制度

この三つがあれば、医療費に関しては特に保険をかける必要が無かったような気がします。

例えば、高額療養費制度については健康保険で医療費の上限が決まっている制度なので、

仮にたくさん医療費がかかってしまっても、一定以上の金額は払う必要がなくなるんですね。

 

また会社の健康保険で長期の休みの姶良のお給料が保証される制度もあります

 

後はひとり親家庭医療費助成制度でお金が戻ってきますよね。

 

こうしたことを考えると無理に生命保険に入ったり

医療費保険に入る必要はないのかもなと感じています。

 

ただこれに気づいたのが遅かったので、

40歳過ぎた私は月2000円ぐらいの掛け捨ての医療保険に入っています。

各種保険の見直し方法

保険の相談方法は窓口相談であったりファイナンシャルプランナーさんと

お会いする相談方法が主流でした。

 

しかし、直接会って状況を説明したりするのって緊張しますよね。

 

その相手が本当に自分の状況を理解して判断してくれるのか営業なのか

見極めるのってすごく難しいですよね。

 

こうしたことも踏まえるとネットでのアプリやオンライン相談で、

自分でゆっくり考えながら冷静な判断をすることもできます。

 

保険のアプリに関しては手元にある証書などを、

送ることで診断してくれるアプリも登場したようです。

 

これであれば個人情報や自分の言いたくないことを、

伝えずに済みますし勧誘をされることもないので安心できますよね。

 

オンライン相談であれば、ファイナンシャルプランナーに相談することが

できる場所もおすすめです。

 

こちらもスマホやパソコンのカメラが使えれば大丈夫そうです。

 

ファイナンシャルプランナーの方がたくさんの保険の中から、

自分に合う保険を診断してくれて、しかも無料で受けられるにもかかわらず

アンケートなどにお答えする事でお肉のプレゼントがあったりするんですって。

 

これはちょっとやってみる価値あるかなと感じます。

余談:車の保険を見直そう

自動車を持っているシングルマザーの方は保険にも入られてると思うんですが、

これもかなり節約できるひとつなんですよね。

 

今までは地元のある保険会社って車の任意保険に入っていたんですけれども、

毎年6万円ぐらいかかっていたんですね。

 

それをネットの自動車保険一括見積もりサイトで比較してもらって一番安いのを選びました。

 

すると、年間3万円弱になったので年間3万円分お得になりました。

 

これは、保証内容にもよると思うんですけれども

車を乗る機会がすごく少なくなったっていうこともあったから

見直しをすることがあってきました。

 

よく、車に乗られる方車通勤をされる方は弁護士特約を付けたり

JAF をつけたりと少し高くなるかもしれないんですが、

基本の保険を安くすることで自分に合った保険に組み替えることができるんじゃないでしょうか。

番外編:火災保険のお話

賃貸物件を借りていると火災保険に入らないといけないですよね

 

多くの方が言われるがままに不動産屋さんに

勧められた火災保険に入っているようですがこれも交渉で安くすることもできるようです。

 

すごく安い保険も見つかることも多いそうです。

 

ただこれは、不動産によって必ず限られた保険に入らなければいけないという

場合もあるそうなので、 まずは確認してみるのが良さそうです。

 

これは更新の時に確認するのが一番良いタイミングではないでしょうか

まとめ

当たり前のように払っていた様々な保険ですが、ここにも節約できるポイントがありました。

 

どうしても難しそうなことだと言われるがままに契約してしまうのが以前の私でした。

 

これは、他の制度や優遇されることを知ることで大きく節約できるポイントなので

あなたに合った節約ポイントが見つかればいいなというふうに考えています。

まだ起きてないことに不安を感じるのは仕方ないことですが

無駄なお金を払わないようにするということも大事なシングルマザー生活を

安定させる方法ではないでしょうか。

 

<応援クリックお願いします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へにほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

シングルマザーランキング