母子家庭生活を始めて楽になったことは?良い方へ向かった5つの変化!

母子家庭生活を始めてびっくりしたことは

思っていたよりも「楽になったこと」が多かったということ。

 

シングルマザーというと、

大変、辛い、苦しい、寂しい、、、

といったネガティブな言葉が出てきます。

 

もちろん、実際の生活も忙しい日々が続くので

大変なのですが、その中でも結婚生活よりも

楽になったと感じることもあるんです。

 

具体的には、自分の考え方が変わったり

周りの変化があったことで、今までみえなかった

ことが見えてきます。

 

そうすると、良い方向に変わることもたくさんあるのです。

 

今回は、「母子家庭生活を始めて楽になったことを5つ」書いてみますので

今シングルマザー生活で大変な人や

これから母子家庭生活を始める人の役になりますように

読んでいただければ嬉しいです。

 

母子家庭生活を始めて楽になったことは?良い方へ向かった5つの変化!

 

母子家庭生活を始めて、変わったことはどんなことがありましたか?

 

実際の生活だけではなく、周りの環境、自分の感じ方も変わることもあるでしょう。

 

特に、良い方向に向かうことを数えると生活がもっと楽しくなりますよね。

 

では、具体的にどんなことがあったのでしょうか。

自分の中の気持ち

 

母子家庭生活をいざ始めてみると、将来にたいする不安やこどものこと、今の仕事のこと、

たくさんのことを、自分のことを考える暇もなく動いていると思います。

 

そうなると、自分の変化について気付きにくくなるでしょう。

 

しかし、ふと振り返ってみると離婚していたころの自分より

生き生きしていることに気がつきます。

 

それだけ必死に生きているということなのかもしれませんが

「離婚しなければよかった」なんて考えなくなります。

 

また、目の前に現れた色々なトラブルや困難にひとりで立ち向かっていると

いつの間にかに「わたし、強くなった気がする」というタイミングもくるので

すごく、見えづらい成長を一人で感じることも。

 

引越し作業もほとんど自分でしたり

事務作業も全てこなして

翌日には、仕事もバリバリする。

 

そんな毎日を過ごしていれば自然に強くなりますよね。

 

こうして、自分の気持ちがどんどん変わると

「二度と今までの生活に戻ることはないな」とも思い

自分が母子家庭生活を続けるぞという気持ちが大きくなっていったことが変化の1つでした。

 

お金の使い方

シングルマザーになると、お金に対しての不安や苦しみもあるかと思います。

 

ただ、離婚をしてからお金を自由に使えることができるようになり

経済的に楽になったということもあるのです。

 

とくに、旦那さんがお金を管理していたり、使ったお金に対して

細かく小言を言われていたケースでは、自由に使えるお金があることで

「楽になった」と感じることもあるでしょう

 

井上井上

井上も時給800円のパート生活でしたが、お金を自分で使う自由を感じた時は「楽になった」と思いましたね

 

また、光熱費や食費も大人が1人少なくなることから、考えていたよりも

出費が少なく、お金のプレッシャーが少し抑えられることが、

楽になったことに繋がるのかもしれません。

 

周りの人への関わり方

母子家庭生活を始めると「ひとり」であることに対し

一人でがんばっているという気持ちになるかもしれませんが

それだけではありませんよね。

 

やはり、周りの人に助けられ支えられ、一人ではないことに気がつきます。

 

これは、離婚していなかったらわからなかったことかもしれません。

あなたが、頑張っていればたくさんの人が手を貸してくれます。

 

その人の多さに気づくと、本当に周りの方への感謝の気持ちが大きくなったことを思い出しました。

 

もちろん、家族や兄弟、友人たち、近所の方、子供の友達、職場の同僚や先輩も

たくさん気にかけてくださり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

母子家庭生活になったからこそ、感じるこうした周りへの感謝の気持ちは

離婚していなかったら、感じることはできませんでしたし、味わえなかったでしょう。

 

こうして、文章にするとまた感謝の気持ちが出てくるので

本当に幸せ者だなと感じます。

 

井上井上

離婚して人間関係も変わりましたがよくなった方ことばかりですよ〜。今もみなさんに助けられています。

前のパートナーさんへの気持ち

離婚は、「もう無理だ」と思って母子家庭生活を選ぶので

許せたり、歩み寄れたら選ばない生活ですよね。

 

限界に、限界を重ねたからこそ選んだシングルマザー生活。

 

シングルマザーになってからも、なかなか相手を許せなかったり

苦しめられたりするかもしれません。

 

でも、シングルマザー生活を楽しんでいる人ほど

前のパートナーに感謝している人は多いのではないでしょうか?

 

・大変な生活だったからこそ、今の生活を選んでよかった。

・あの時の苦労があったから今が楽になったように感じる。

・むしろ、離婚してくれてありがとう!

 

と、前のパートナーに感謝できるようになると

母子家庭生活がすごく楽になります。

 

井上井上

井上も今は離婚してくれてありがとう!と心から感謝していますよ。

 

自分らしい子育て

夫婦で子育てをしている時は、どうしても相手の教育方針を考えながら

すり合わせながら、子育てをしているでしょう。

 

でも、シングルマザーになると一人で子供のしつけや教育方針を決めることになります。

 

これって、すごく大変な反面、すごく自由で楽な選択ができるんですよね。

 

例えば、どこの習い事にいくとか、受験をどうするとか?

 

子供がいきたいところを優先させることもできますし

自分の意見とこどもの意見だけで決めることができるのです。

 

子供のことはママがよくわかっていることも多いので

誰にもあれこれ言われず、子育ての方針を決めることができるのは

すごく楽になったことですね。

 

旦那さんはもちろん、旦那さんのご家族に気を使うこともなくなりましたし

やはり、子育てに関して大きな解放感を得ることができたのは、

大きな幸せと楽になったことにつながりました。

 

その分責任を一人で背負うので、プレッシャーには立ち向かうことになりますが

これも期間限定ですし、子育ての醍醐味だったりもするでしょう。

 

まとめ

 

母子家庭生活になると、楽になったと変化することが多いんですよね。

 

やはり世界が変わるからということもありますし

関わる人との接点も変化しますから。

 

今まで気づくことができなかった新たな発見があることも

母子家庭生活を始めたポジティブな面かもしれませんね。