母子家庭の貯金の仕方は?コツコツ月に貯めて200万円を目標に貯める!

母子家庭生活で大変なお金のやりくり。

その中でも、貯金をしたいという気持ちは、誰もが考えることですよね。

 

仕事、家庭、子育て、プライベート、、、

これだけのことを、いっぺんに一人でこなすのですから

本当に大変な毎日でしょう。

 

その中でも、将来的に子供に必要なお金を貯めておきたい、そんなあなたにお役に立つことができればと思い、

貯金をコツコツしていき、まず「200万円」を目標に、上手に貯金をしていきましょう。

 

***

毎日メールを書いているので

よかったら、あなたのシングルマザー生活のお役に立てれば嬉しいです。

(登録解除もすぐにできます。)

 

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーの自分らしく好きなことをして生きていく方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

母子家庭の貯金の仕方は?コツコツ月に貯めて200万円を目標に貯める!

なぜ?貯金の目標が「200万円」か?

 

それは、母子家庭のほとんどが貯蓄できていない状況であることから、コツコツ目標設定をするために、大きすぎない目標が良いから。

 

また、私自身も「年間100万円」と決めて2年間で「200万円」を

時給800円のパート時代に、貯金したことから目標を200万円と設定させていただきます。

 

母子家庭の収入源は?

シングルマザーの平均年収は233万円と言われていて、この金額は公的な手当や養育費を合計した金額。

 

また、手当などを含まない平均所得は180万円です。

 

月18万円ほどのお金で、家計をやりくりし貯金まで行うのは

とても大変なことがわかります。

 

そして、養育費の平均はお子さん1人あたり、3万5千円。

2人の場合は、5万円となり、平均は4万円と言われています。

 

思ったよりも大きな金額でしたか?

 

これは、養育費を受け取っているシンママさんのデータなので、

実際には、養育費を受けていない人は含まれないため、

お金に苦しんでいるシングマザーは本当に多いと感じます。

 

なので、少ない所得と養育費が払われないケースが多い中で、ママ一人で、子育てをしていくことは、大変厳しい現状です。

母子家庭生活での貯金の現状

子供のいる、一般世帯の平均収入は年間700万円に対して、シングルマザーの世帯所得はその半分。

ママさん一人の収入は3分の1の金額なので大変厳しい状況に見えます。

 

しかし、必ず辛いことばかりではなく、大人が少ない分出費も少ないとも言えます、

実際に、母子家庭世帯の貯金の現状は、貯金がない過程が30%くらいいます。

 

また、貯金が50万円以下の世帯は20%くらいいるので、厳しい貯金の現状でしょう。

こうした、大変な生活でも「貯金ができるシングルマザーが存在します」

 

貯金できるシンママの共通点を3つご紹介します。

1、具体的に貯める金額を決めている

2、貯金がたまる仕組みを作っている

3、すぐ行動ではなく、わからないことを確認しながら実施

 

また、貯金ができない人は

「貯金ができない」と思い込み、愚痴を言っている人と一緒にいるということなのです。

では、貯金をどうしたら上手にできるか?つのポイントがあります。

 

1、支出を減らす

2、収入を減らす

3、利益のいいところに貯金をシフトする

 

まず、家計簿をつけることは大事になりますね。

いくらお金が出て行き、入ってくるかを確認する必要があります。

 

そして、無駄づかいがないか?をみつけて、それを減らすことが基本となります。

 

 

母子家庭の上手な貯金方法

 

その1、貯金目標額を決める

上記にも書きましたが、貯金ができる人の特徴は「目標が明確」なんですよね。

いつまでに、いくら貯めるという、具体的な目標は

その目標のために、自分が何をしたらいいかがわかりやすく見えてきて、行動の指標となります。

 

その2、貯金用の口座をつくって毎月自動で積立する

自動積立は、お給料が振り込まれた中から、天引きされる機能。

 

どうしても、毎月の口座から使ってしまうあなたは、別に貯金の講座をつくって自動で積み立てるのがおすすめ。

 

また、わざわざ貯金をするという手間もかからないことから、

最初に口座を開設することで、そのあとは勝手に貯金してくれる仕組みをつくるのです。

 

その3、クレジットカードを上手く活用する

クレジットを上手く使うと、ポイントがたくさんたまります。

 

お買い物をクレジットでするということではなく、固定の支払いをクレジット払いにするとそれでもコツコツ貯金することができます。

例えば、家賃、公共料金、携帯電話、通信量とかですね。

 

小さなポイントもコツコツ貯めれば、年間にすると何千円、何万ポイントになるでしょう。

 

その4、家計簿をつける

 

家計簿は、上手な貯金方法のために必要なこと。

ちょっと面倒かなーと思うかもしれませんが、ここが踏ん張りどころです。

 

貯金額や、目標の食費、生活費を決めてお金の動きを知ることはとても大事。

毎日つけることで、今月はどこに無駄があったか、もっと削れるところがあるのか?と視点を広げることができます。

今はスマホのアプリでも家計簿アプリもあるので簡単に始めることができるでしょう。

 

その5、自治体の母子家庭助成制度を上手くつかう

 

母子家庭支援には、児童扶養手当などの手当だけではなく、ひとり親に対して、たくさんの支援があります。

自治体には、このほか位にも様々な支援制度があります。

例えば東京都の例をご紹介します。

 

・都営交通無料乗車券

・下水道の免除制度

 

など、があります。

また、粗大ゴミを処理する時の手数料が免除になったり、お子さんを預ける先のサポートなど、

色々なサービスがありますので、事前に調べておくことがいいかもしれませんね。

 

まとめ

シングルマザーは、仕事、子育て、家事、プライベートなど、毎日を必死に忙しく生きています。

その中でも、子供を育てるための資金を貯めてと、大変なことが多こともあるでしょう。

少しでも、この記事でできることを見つけていただき、貯金がズムーズにできることを願っています。

楽しいシングルマザー生活をつくり上げて行きましょう。

***

毎日メールを書いているので

よかったら、あなたのシングルマザー生活のお役に立てれば嬉しいです。

(登録解除もすぐにできます。)

 

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーの自分らしく好きなことをして生きていく方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】