野球への夢をあきらめない

彼は地方の人口数千人の町から

人口数十万の都市へと夢を追い求め

親元を離れ生活をしている。

プロ野球選手になるのが夢で

小さい頃から野球に夢中になっていた。

彼はわずか20人足らずのチームで

毎日野球の練習に励んでいた。

運動能力は長けていて、私が携わった中でも

頭一つ抜けていた。

でも、環境はそれほど充実したものでは

なかったと思う。

それでも野球への夢をあきらめず努力すれば

叶うのだと証明してくれた。

出典;日刊スポーツ 
桐蔭学園戦で5出塁4得点の花咲徳栄・橋本(撮影・金子真仁)

夏の甲子園4年連続出場中の花咲徳栄(埼玉)が12日、センバツ出場の桐蔭学園(神奈川)と今季対外試合初戦となる練習試合を行い、6-1で快勝した。

プロ注目の橋本吏功(りく)外野手(2年)が3安打2盗塁4得点。5打席連続で出塁し「恐怖の2番」として存在感を見せた。腰痛で1カ月間、守備や走塁を控えていたが、この日に解禁。「結果は良かった。まだ芯で捉えきれていないので、命中率を高めたい」と振り返った。

nikkansports.comより引用

私も彼の所属していたシニアリーグのチームで

指導にあたっていたが、常に前向きに練習をこなす

姿勢には、「きっとこの子は将来伸びるだろうな」

と、思っていた。

私の息子も同じチームから同じチームへ入部し

甲子園出場を果たしているが、環境を選択できる

実力を伴う必要はもちろんある。

ただ、田舎のチームだからとか、練習環境が

悪いからとか、そんなことを言い訳にはして

欲しくない。

自分が頑張ればその環境は手に入れられる方法は

あるということだ。

もし、甲子園に出たい、プロ野球選手になりたい

という夢をもっているのなら、自らを鍛え上げ

夢をかなえる方法を探してほしい。

どんなに田舎のチームで、人数が少ないチームからも

こうして活躍できる選手もいる。

次はあなたの番だ。


otama108@gmail.com