何か挑戦しようという気力を奪うもの

こんにちは。
ワタルです。

さて、勘違いされそうなので、まず大前提としてお話しさせて頂きますが、
私を成功者というつもりはありません。

せいぜい言っても少し上手くいった人という位置づけだと思います。
けれど、このポジションになるまでに意識したのは成功者の行動習慣を真似るという事です。

 

そして、その行動習慣を真似た結果、ここまでの立ち位置までこれたと思っています。

 

この立ち位置で述べるのも少々僭越なのですが、私が意識してきた事について書いていこうと思います。


本日は私が意識している行動習慣の1つ
「環境を変える習慣をつける事」について、お伝えしたいと思います。

いきなり本題ですが、私は2年間に1回は引っ越しをするようにしています。
つい先日もちょうど引っ越しをして、ようやく板橋区民になれました。

私も何も、今住んでいるところが嫌で頻繁に引っ越しを繰り返しているわけではありません。
むしろ愛着を持って引っ越したくないと思うぐらいです。

 

ただ、この何か愛着があって居心地が良いということが凡人に成り下がる合図だと思っています。

私が引っ越しをする理由は、住んでいる場所を変える事=環境を変える事を習慣化しようとしているからです。
同じ場所に住んでいると、同じ行動習慣、同じイベント、同じ交友関係、同じ買い物場所
いつもと同じ顔合わせ、いつもと同じ環境に馴染んで、何か挑戦しようという気力がわかなくなってきませんか?

といっても、思い当たる方は中々いないと思います。

なぜならいつもいる場所に住むという事が習慣化してしまっているからです。

その習慣は私は変えた方が良い習慣だと思います。
もちろん、何かしらの重要な事情があり離れることができない人は例外です。

ただ、これだけはわかって欲しいのが、
何かに挑戦する気力が、挑戦する行動が、お金に結びついていくのはいうまでもありません。

そのために環境を変えることは手取り早いのです。

心理学者、ウィリアムジェームズの残した言葉がとても共感できたので、ご紹介します。

 

”心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

 

習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。”


何かを変えたければ、行動を変えるのが手取り早いです。
そして行動が変われば習慣も変わります。習慣が変われば…と
意外と人生は簡単に変わるものです。

どうしても行動することが怖いと思う方は保守的な習慣が知らない間にできていないか今一度見直して見るといいと思いますね。

ではまた更新します。

 

無料メルマガ配信しています。
下記から登録の程よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガ登録はこちらをクリック

tw0830nsk@yahoo.co.jp