「お金はいくらあればいいのか?」「お金はいくら必要か?」公務員、会社員のあなたへ

公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円をかせいでいました、公務員ビジネスマン 天野浩史です

「お金」ってあなたにとって、何ですか?私にとって「お金」は今の状況から抜け出すための大切なものだと思っています。この「お金」が沢山あることで、私が苦しめられている「税金」の徴収ということから少しでも楽になるような気がするから、収入を増やそうと必死に行動しているというのが、一番大きいです。特に私の場合「不動産投資」をしているので「固定資産税」と「所得税」にはかなり苦しんでいます。

私の場合、不動産投資の収入が中心なので、年収が3000万円に対して、固定資産税が260万円、所得税が140万円かかっています。他に私は会社経営をしているので、社会保険料が年間100万円ちかくかかっているので、税金など年間500万円も納めています。しかし、これは手残りに対して税金がかけられているわけではないため、正直、税金がきついというのが本音です。所得税は年収が多ければ多く徴収され、少なければ宿無くなるので、まだいいのですが、固定資産税は、収入が0であっても年間260万円かかるのですから、鬼のように感じるのは私だけでしょうか?固定資産税がかかるのが嫌なら、不動産を持たなければいいのですが、「不労収入」という究極の稼ぎ方が出来るのではずせません。

最近、私の義理のお母さんに言われたのですが、「そんなにたくさんお金を稼いでどうするの?」と言われたことがあります。これって、人によって必要なお金が違うのは知ってはいましたが、今更、私に対してその質問をしてきたので、びっくりしました。この、人によって必要なお金の額が違うことについて今回少し焦点をあてたいと思います。

 

お金はいくら必要か?お金はいくらあれば足りるのか?

「お金はいくら必要か?」「お金はいくらあれば足りるのか?」という問題で、私の場合、今「生活するのに必要なお金」があって、さらに「裕福に生活できるお金」があれば十分だと考えています。しかし、私が現在必死に年収を増やそうと努力しているのは、その生活するのに必要なお金と裕福に生活できるお金が不足しているから行動しているのです。

生活するのに必要なお金」は、所得税や固定資産税、社会保険料などの税金と食費、自動車の燃料代、電気、水道、ガスなどの光熱費、子供の教育代、家の修繕費などたくさんあります。時々出てくる「修繕費」やエアコンテレビなどの家電が壊れるとその出費も結構かかります。

裕福に生活できるお金」は、お店で値札を見ずに買うことが出来るかどうかで判断できますが、私の場合「コンビニ」「スーパー」では値札を見ずに買い物はできますが、その他の店では値札をどうしても見てしまいます。これはまだ、自分に伸びしろというか、私が収入がまだ少ないのでもっと収入を増やす必要があることを意味しているように思います。

私の場合、年収3000万円を超えていても、今の収入に満足できないのは「生活するのに必要なお金」は足りているけれど、「裕福に生活できるお金」足りていないいった理由があるからです。ですが、私の義理の母の場合はどうでしょうか?

 

現在60代後半の義理の母の場合、年金暮らしですが満足した生活を送れている

私の義理の母の場合、60歳までサラリーマンとして働いてきて、夫である私の義理の父とともに暮らしています。年金は各20万円くらいもらえているので、二人で40万円あるわけです。さらに、地方に住んでいますので、一戸建ての家ですが、かなり大きな家であるものの、税金は年間で30万円程度で済んでいます。趣味という趣味もなく、朝一などに行って新鮮な魚を買ったり、野菜や果物を買ったりするのが楽しみの毎日を送っているので、出費がほとんどないのです。こういった生活が出来れば、私の様に収入を増やす必要がないのでしょうが、私の場合はどうしても、「固定資産税」が相当重くのしかかっているということがあります。

「不動産投資」をする人は、「固定資産税」を意識しないと何のために収入を増やしたのかが分からなくなるので注意

私が「不動産投資」を始めたころは、収入ばかり気にしていたため、「固定資産税」をあまり意識していませんでした。この「固定資産税」というのはくせ者で、収入が多くても少なくてもお金を取られてしまうという怖い面があります。ですから、私としてはどうしても収入を増やして「固定資産税」が気にならないようにする必要があったわけです。これって、先ほどの義理の母の話からすると、贅沢をしない人にとって、非常に愚かなことであるというのが分かります。税金などの支出が増える穴埋めです。本来支出が増えないようにするのが良いはずです。この支出を増やさず、少ない収入でやれるようにするのが最善の様に感じます。

 

年金だけに頼った生活は危険

ですが、この最善の様に見える、年金の収入だけで生活するというのには、大きな落とし穴があります。それは、「年金の支給が止まると途端に生活できなくなる」ということです。今の日本の経済状態ですと急に支払えませんということはないかと思います。しかし、日本には年金の財源がしっかりあるわけではないのです。それは国は年金の財源を確保するため「投資」をしていることからもわかると思います。それも、「株式投資」や「投資信託」などです。そのことからも財政が悪化したら、年金の払いようがありませんというのを言っているわけで、こんな状態なので、日本国民に皆さん、自分の身は自分で守ってねと国は言っているように見えませんか?

私が「不動産投資」を始めたのにはそういった、国へ頼ってばかりの考え方だといずれ破綻するというのがあったからです。なので、穏やかな生活をすててでも、まずは自分の家族の生活を守らなくてはいけないと考えたのです。なので、「不動産投資」物件は増やし続けているのです。一見、税金ばかりかかる「不動産投資」は愚かな方法だと感じるでしょうが、「不労所得」が得られ、国の「年金」に頼らずに100歳まで裕福な生活が出来るというのは描くことが出来ます。

 

現在、日本政府は日本人の国外の口座を作ることを防ごうと必死になっているのはご存知でしょうか?

最近起きた事件で、日本政府が、国外の「仮想通貨取引所」で日本人の口座を開設することを禁止することをしましたよね。それってどういうことかというと、海外で口座を作られてしまうと、日本政府がお金を把握することができず、税金をかけられず、税金の徴収が難しくなってしまうからです。要するに、現在日本政府は税収が満足できるほど確保できていない中で、税収が減る要素をなくしたいということです。日本政府がそれをするのが直接、財政破綻には結びつくものではないと思いますが、そういった小さなほころびから大けがをするということは否めません。

こういった、日本人のお金が海外に流れてしまう原因は簡単で、「日本の税金が高いから」です。さらに、日本の教育の中に日本人が収入を増やすための教育を何一つしていないことから、お金を稼げない国民を作ってしまっているので、短絡的に収入の多い人からより多くの税金を徴収しようという流れを作ってしまっているのです。なので、必死にお金を稼いだ人は、それではたまらないということで、海外に資金を移すわけです。なので、日本政府の自業自得だと思いませんか?

そうではなく、シンガポールなどの様に、税金を安くして、世界のお金持ちが住みたいと思えるような「金融大国」に日本をすべきだと思うのです。金融大国であるシンガポール、香港、スイスは物価はものすごく高いですが、税金が安いため本物のお金持ちにはマッチングがいいのです。本物のお金持ちは無駄づかいをせず、収入は豊富にあるのですから、税金を多くとられることなく理想的な生活が出来るのです。

 

仮想通貨は今後主流になるので、海外の仮想通貨の取引所の日本人の口座開設は再開されるでしょう

国外の「仮想通貨取引所」で日本人の口座の開設を日本政府は確かに禁止しましたが、もはやの本政府が禁止したところで、「仮想通貨」が世界でも主流となり、禁止を解除する日は間違いなく来ることでしょう。もちろんそんなことも日本政府もかしこいですから、十分知ったうえで、一時的な税金の確保の支障になるものの排除をしただけです。なので、日本政府も「仮想通貨」の対応に諸外国の協力を支給求めるよう動いているはずです。スウェーデンではすでに90%以上現金を使わなくなっています。さらに「現金お断り」といった店もたくさんあるようです。

キャッシュレスなら、銀行、クレジット会社を使って現在でもできていますが、「仮想通貨」を使うと、その銀行やクレジット会社すら介さず、直接個人間でのお金の受け渡しができるようになるのです。ようするに「手数料」がかからないというわけです。銀行、クレジット会社はその手数料で儲けているわけですが、「仮想通貨」が主流になれば、大きくお金の流れが変わることでしょう。また、日本なら円、中国なら元、アメリカならドルといった国によって通貨が違うので、売買をするときとても手間だったり、取引が出来なかったり、クレジット会社、銀行から手数料を沢山支払う必要があったのが、とても簡単に取引出来、手数料もかからないというとても大きなメリットもあります。

あなたも今のうちに「仮想通貨」の知識を蓄え、少しだけ「仮想通貨」をためしてみるといいですね。お金の革命がきました。その革命があなたの目の前に来ています。

スポンサーリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

amano-1129xyz@m4.catvmics.ne.jp