2-2Amazon商品ページの作り方を初心者からできる売上を伸ばすための3つのポイント

金子の作戦は、商品画像は一枚でテスト販売して売れ行きを見ながら商品ページを改善して行きます。トップ画像で売上は大きく変わります。ある程度競合他社の商品でリサーチを行えば売れているであろう商品ページがわかるので、同じように画像も作ると売れます。

とはいえ、売上を伸ばすためには、いろいろとテストして競合他社を抜かなければいけませんので、ページを作り込んだあとに、やっぱりダメだった。とならないように、まずは画像1枚でテストして売れ行きが良い場合に画像を追加してブラッシュアップしていきます。

画像を追加する理由はAmazonが4枚以上の画像を推奨しているのと、画像を見てお客さんが「これ、これ!これが欲しいの!」となれば購入確率が上がるからです。

ここでは改めて商品ページ作りを学んでいきましょう。あなたの商品がたくさん売れるようにAmazonの商品ページ作成で抑えておきたいポイントは3つあります。

  • 項目ごとの商品ページの作り方を理解する
  • Amazonランキングを参考にする
  • 検索順位1位を参考にする

このレクチャーでは商品の検索順位をあげていくための商品ページ作りをわかりやすくお伝えしていきます。

商品ページの重要ポイント

Amazonで売上をあげていくには商品ページ作りが最も重要になります。良い広告を作っても商品ページを作りこまないと表示がされづらい上に離脱の原因になります。売上をあげられるような商品ページを心掛けましょう。ここでは各項目ごとに商品ページの重要ポイントをあげていきます。

商品タイトル

商品タイトルは商品ページの顔といえる項目なので最も注意すべきです。タイトルは65文字を入力することが出来ます。よくキーワードを重視する余りとても長いタイトルを入力しているページを見ますがそれはおススメ出来ません。

長くタイトルを入れてしまうと結局どういう商品を売っているかが曖昧になりユーザーから見ると非常にわかりづらいからです。Amazonの検索エンジンは顧客主義に出来ているので総合的に判断して順位が低くなる可能性がありますので、30文字前後にまとめ下さい。

商品仕様

商品仕様とは商品の説明書といえる部分です。全部で5行入力出来ますので全て入れるようにしましょう。Amazon検索エンジンで高く評価される可能性があります。

各行100文字入力することが出来ますが、改行ができなくて商品タイトル同様見づらくなると検索順位に影響を及ぼしますので1行30文字前後で入力しましょう。

商品説明

商品ページは画面下部に表示されます。600文字入力することが可能ですが、こちらも全部入力すると大変見づらくなるので150~300文字程度におさえましょう。商品タイトル、商品仕様、商品ページに共通のキーワードが入っていると検索エンジンが重要なキーワードだと判断してくれるので重要なキーワードは入力しましょう。

商品画像

商品画像はCV率を上げるのに最も重要な要素の一つなので力を入れて作りましょう。自分で撮影や加工をすることもいいですが、クオリティによってはCV率が下がる原因になるので業者に依頼することを推奨します。尚、サイズを長編1600ピクセル以上にするとズーム機能が使えます。

画像はメイン画像とサブ画像が登録出来ますが、メイン画像は商品ページのトップ画像になりますのでユーザーがどのページを開くかの重要な判断材料になります。

いくら商品タイトルや説明が良いものが作れても画像のクオリティが低いと広告が上位に表示されてもページが開かれることが少なくなってしまいます。また、メイン画像は規約が大変厳しくて、守られないと「検索対象外」になってしまいますので注意して下さい。

キーワード

Amazonの商品ページ作成についてキーワードはとても重要です。Amazonの検索窓でメインキーワードが入力するとサジェストキーワードが出てくるのでそちらを入力したり、「Amazonサジェストキーワード一括DLツール」を使い効果的なサジェストキーワードを作成しましょう。

Amazonランキングを参考にする

Amazonのランキングとは販売データを元にして1時間ごとに更新される人気商品のランキングです。カテゴリ別、ほしいものランキング、急上昇ランキング、新着ランキング、ギフトランキングなどが表示されます。基本的には売れているランキングなので、ランキング上位の商品ページを参考にして自分の商品ページと何が違うのか比べてみてください。売れる商品ページにはその理由があります。商品キーワードも参考になるので合わせて確認しましょう。

検索順位1位を参考にする

自分の設定したキーワードをAmazon検索窓に入れてみて検索順位1位の商品ページを確認してください。検索順位1位の商品ページを見て以下3つのポイントを確認してみてください。自分の商品ページと比べて不足している部分を修正していきましょう。

  1. 商品ページに検索キーワードが適切に入っているか
  2. 直近の期間で商品が売れている
  3. レビューの数や質が高い
  4. 商品ページに検索キーワードが適切に入っているか

    ユーザーが求めている商品と関連性が高いと判断されます。

    直近の期間で商品が売れている

    売れている商品だとAmazonも売りやすいので検索上位に行きやすいです。

    レビューの数や質が高い

    レビューは多い方が良く評価が高い方が検索上位に上がる可能性があります。

    まとめ

    商品ページ自体がを丁寧に作りこめば検索順位があがりやすく売上アップも見込めます。Amazon商品ページ作りを復習しましょう。

    • 商品タイトル、商品仕様、商品説明、画像、キーワードはポイントを押さえて作りこむ
    • Amazonランキングで上位商品のページを確認して売れている要素を見つける
    • 検索順位1位の商品ページを確認して上位になる要素を見つける

    以上になります。

    @media screen and (min-width: 1201px) {
    .esiis61615db2bcff2 {
    display: block;
    }
    }
    @media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
    .esiis61615db2bcff2 {
    display: block;
    }
    }
    @media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
    .esiis61615db2bcff2 {
    display: block;
    }
    }
    @media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
    .esiis61615db2bcff2 {
    display: block;
    }
    }
    @media screen and (max-width: 767px) {
    .esiis61615db2bcff2 {
    display: block;
    }
    }

michaki.ryu777@gmail.com