2-3Keepaの使い方徹底解説


仕入れる時に商品のチェックに多くの時間を取られてしまっているという方は多いのではないでしょうか?せどりでは商品の仕入れや商品の価格推移、消費者の需要を見極めることが大切です。

商品の価格を自動で追跡してくれるKeepa(キーパ)を活用することで、無駄な時間をかけることなく仕入れたい商品の価格帯を把握できます。keepaを導入することで、無駄のない仕入れができるようになるだけでなく、時間短縮にもつながります。このレクチャーでは、keepaの使い方を徹底解説していきます。

各項目の説明

keepaのメイン機能は、Amazonの商品ページで価格推移のグラフが閲覧できるという部分です。このグラフによって価格の変動を日付ごとに把握できます。

色分けされているので見るべき項目は覚えておく必要がありますので、まずは最低限3つの項目は抑えておきましょう。

主にチェックする色

  1. Amazon販売値はオレンジ色
  2. 新品販売値は薄い青色
  3. 中古販売値は黒色

また、参考価格は茶色で表示されています。そのほかにもコレクター、最安価格、Amazonアウトレット商品の価格、期間を指定しての価格チェックなど多くの項目がありますので、一つずつ覚えていって下さい。

売れる売れないの見るポイント

せどりでは売れる(需要の高い)商品を効率良く仕入れすることが大切です。商品紹介ページでレビュー数とレビュー内容をチェックして、消費者に求められている商品かどうかチェックして下さい。

Amazonで売れる売れないの見るポイントは前のレクチャーでもお話しましたが復習でもう一度お伝えします。もうわかっている方でも復習でもう一度読んで学びを深めて下さい。

レビュー見る

ゼロでも、商品が売れている可能性はあるんですけど、初心者の方は基準を高めで設定してください。すぐに売れていく高回転の商品が良いので、レビューがすでに3桁、4桁ある商品を探してみてください。

過去の価格の履歴を見る

線が途切れてるところだったり、価格の変動がある日は売れているという予想をすることができます。線が途切れてるところは商品が売れて在庫切れになってAmazonでは販売してなかった期間になります。

価格の変動で少し高くなっている場所があった時は、安い出品者が売れたから次の出品者が高くで出しているというデータになります。

もちろん出品者が価格を変更してもこういったデータが反映するんですけど、レビューの数と、過去の価格の履歴を見ることで売れているという予想を立てていきます。

ライバルの在庫数をチェックする

出品者がいる場合は在庫数をチャックして数が減っていれば商品は売れていると判断することができます。例えば今日10個持ってました。明日見たら9個だったら1個売れた、と判断できます。

keepaの基本的な使い方


せどりでは店舗、電脳、共に販売履歴を確認して売れる、売れないの判断をするためにKeepaを使います。無料版では先程お話した、レビューを見る、価格の履歴を見る、ライバルの在庫数をチェックする。有料版だとランキングの変動を見て判断することができます。

無料版Keepaの使い方

keepaの無料版でできることは、価格推移のグラフを自動で表示してくれます。各ブラウザに拡張機能を追加することですぐに使い始めることができます。特に会員登録などの作業は不要です。

いつも見ているAmazonの商品ページに自動でグラフが表示されてAmazonせどりをおこなう上でリアルタイムで商品の価格帯や特徴を把握することができます。特に初期費用や固定費がかかるものではありませんので、まずは追加しておいて下さい。Keepaの追加方法の動画を貼っておきますんど絵参考にして追加して下さい。

安心して下さい。簡単です。一つずつ進めていきましょう。

参考情報:Keepaの追加方法の動画

有料版Keepaの使い方、設定方法

keepaの有料版は、「ランキンググラフの表示」と「Buy Boxカート価格」など見ることが可能となっています。無料版でも十分にリサーチ作業はできますが有料版にしかない、ランキンググラフ、カート価格を見れるのはやっぱりあると便利です。


あとは、Amazon刈り取りっていうせどりの仕入れ方法があるんですけど、それに有効なトラッキング機能が使えます。トラッキング機能とは、商品が指定した金額まで値下がりした時にメールで知らせしてくれるサービスです。例えば普段5000円の商品が2680円になったらメールが来るのでそのまま仕入れてAmazonで高くで売るという刈り取りせどりが簡単にできる機能があります。

さっきから読んでいると、有料、無料、どっちがいいのってことなんですけど、結論は無料版を使ってせどりで1円でも利益が出せるようになったら有料版を使ってみて下さい。無料でお試しからせどりができます。金子の過去のYouTubeの動画は毎日無料版のKeepaを使ってリサーチしてたので参考にしてみて下さい。

あなたにリスクはありません。コツコツ進めていきましょう。

まとめ

keepaの使い方について紹介してきました。基本的にはkeepaにアクセスするだけで利用可能ですがAmazonの商品ページに価格推移グラフを出すためには、拡張機能の追加が必要ですので追加して下さい。

お試しで無料版を使ってせどりで1円でも利益が出せたら有料版を使ってみて下さい。有料版のトラッキング機能だけでも元は取れますのでせどりの一連の流れを経験していろいろと慣れてきたら使って見てください。

今回のレクチャーで覚えて欲しい大事な事まとめます。2つです。

  1. Amazonせどりではkeepaの利用は必須
  2. 無料版でも十分使える

せどりではリアルタイムに需要のある商品を見定めて仕入れをおこなうことが大切です。keepaの利用によってスムーズに情報収集を行えるようにしていきましょう。

@media screen and (min-width: 1201px) {
.tciui60f7e5b783877 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px) {
.tciui60f7e5b783877 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px) {
.tciui60f7e5b783877 {
display: block;
}
}
@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px) {
.tciui60f7e5b783877 {
display: block;
}
}
@media screen and (max-width: 767px) {
.tciui60f7e5b783877 {
display: block;
}
}

michaki.ryu777@gmail.com