Amazonで無在庫転売する方法5選!やり方、メリット・デメリット

副業で転売ビジネスに取り組もうする方は非常に多くなってきました。 その中でも「無在庫」での転売ビジネスを検討する方は非常に多いです。

「無在庫だとリスクがなくて良いらしい・・・」 「無在庫といってもその手法は色々あるらしい・・・」 「無在庫転売をやるとしたら具体的にどんな感じなのだろうか?」

色々リサーチしてなんとなくでも「無在庫転売ビジネス」に興味を持っているあなたのために既存のAmazonを使って無在庫転売ビジネスを展開する方法を4つを、やり方からメリットデメリットまで解説します。

本記事では、

【1】Amazon無在庫輸出ビジネス 【2】Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネス 【3】Amazon-ヤフオク無在庫転売ビジネス 【4】Amazon無在庫輸入無在庫転売ビジネス 【5】国内無在庫転売ビジネス

以上の5つのAmazonを使った無在庫転売の手法を詳細に解説していきます。

この記事を読んでそれぞれの無在庫転売の手法を理解していただいて最終的に どの無在庫転売ビジネスモデルについて学んで行くか決定してもらえるように 情報を網羅してお伝えします。

目次

そもそも無在庫転売とは?

まず初めに無在庫転売とは?というところを明確にしておきます。 無在庫転売はその名の通り、転売を行うにあたって在庫を持ちません。 通常の在庫を持って行う転売ビジネスの流れは 仕入れ→販売→売上金の入金 という流れに対して無在庫転売は、 販売→仕入れ→売り上げの入金 このように先に販売してから仕入れを行うのが無在庫転売の流れです。

次の項目では販売と仕入れの順番が逆になることによってどのような

メリット・デメリットが生じるか解説していきます。

無在庫転売のメリット・デメリット

仕入れと販売の順番が入れ替わるだけで非常に大きな影響が出てきます。 まずはメリットについて見ていきます。

メリット1 仕入れた物が売れないリスクがない

先述の通り無在庫転売では、販売→仕入れ→売り上げの入金という順番で進行します。 つまり、そもそも物が売れてから出ないと仕入れをしないので仕入れたものが売れないというリスクが理論上起こりえません。

メリット2 赤字で販売してしまうリスクがない

通常の転売ビジネスでは仕入れ→販売の順番なので例えば「5000円で販売して8000円で売れる見込みがある」 という予想の元仕入れを行います。 ところがライバルが同じ商品を仕入れて価格競争になり予定販売価格である8000円を下回り結局4000円で販売することとなってしまい赤字になった、ということも有ります。 これが無在庫転売の場合は販売→仕入れの順番なので赤字になりそうであれば 販売そのものを取り下げてしまえば赤字になることはありません。

メリット3 お金が確実に貯まってく

例えばあなたは月間売り上げで100万円を挙げて利益で30万円残ったとします。 通常の転売であればその利益の30万円から諸々マイナスされるものがあります。 例えば、 ・来月の売り上げのための仕入れ ・当月で売れ残った物の仕入れ価格 こういったものが利益からマイナスされ実際に手元に残るお金というのは 30万円よりも大幅に少なくなります。 対して無在庫転売の場合は販売→仕入れの順番なのでその月で売れ残ったものも出なければ来月の売り上げのために仕入れ・・・ということも起こりえません。 なので、売値ー仕入れ価格の利益30万円が丸々手元に残ります。 続いてデメリットについて解説していきます。

デメリット1 売れ行きの良い商品を大量に仕入れて一撃で利益を出すことは難しい

例えばあなたはAmazonで8000円で販売されている物凄く売れ行きの良い 商品を5000円でたくさん売られているのを見つけたとしましょう。 全部仕入れてしまえばいいじゃないか!と思われるかもしれませんがライバルが参入してくれば一気に販売価格が下落し赤字商品を抱え込んでしまいます。 この辺の何個くらい仕入れればいいか?という感が無在庫転売のプレイヤーにとっては難しいです。

デメリット2 在庫管理をする必要がある

無在庫転売では販売→仕入れという順番なので在庫管理を行わないと 販売したはいいが、仕入れができない!という事態が出てきます。 そうなっては困るので無在庫転売における在庫管理の方法について記載します。

無在庫転売における在庫管理方法

先述の通り販売しても仕入れができなければ困ってしまうので無在庫転売では 在庫管理を行う必要があります。 無在庫転売において在庫管理を手動で毎日行うのはどんでもない手間がかかってしまうのでツールで行います。 といってもあなたが今からプログラミングを学び在庫管理ツールを作成 する必要はありませんのでご安心ください。 餅は餅屋、ツールはプログラミング屋に任せましょう。

在庫管理ツールを提供してくれるプログラマーを見つける方法

クラウドワークスでプログラミングができる人を探します。

STEP1.「クラウドワークス」とGoogleで検索しクラウドワークスにアクセスする

クラウドワークスにアクセスしたらトップページから「クラウドワーカーを探す」をクリックします。

次に開いたページで検索窓に「在庫管理ツール」と入力し検索をします。

そうするとツール作成に関して長けた人が一覧で表示されます。

この人たちの中から「Eccel(VBA・マクロ)」のスキルを持っている人に直接メッセージで 無在庫転売の販売先・仕入先を提示して在庫管理ツールを提供してほしい旨を伝ましょう。 作成費用についてですが個人で使う簡易的なものであれば相場的に3万円くらいで作成ができます。

無在庫転売が向いている人はこんな人

無在庫転売を行う上でのメリットはデメリットに比べて多くのメリットがあります。 デメリットも解消可能な物なのでこれから副業をやろうとしているサラリーマンにとっては全般的にオススメできます。 敢えていうのであればこのような人にオススメです。

・在庫を抱えるのは怖い ・金銭的リスクを背負いたくない ・仕入れに出向きたくない

さて、これからはいよいよ各種無在庫転売各種手法の詳細なやり方や メリットデメリットについて解説していきたいと思います。

【1】Amazon無在庫輸出転売ビジネス【販売先:米Amazon/仕入先:日本Amazonなど】

販売先:アメリカAmazon 仕入先:日本Amazonなどの国内ネットショップ Amazon無在庫輸出転売とはアメリカAmazonより安く売っている日本Amazonなどのネットショップで商品を見つけてアメリカAmazonで高値で無在庫出品し差益を取る手法です。

事前に準備するもの

無在庫輸出転売に取り組むためには事前に以下のものが必要です。 (※パソコン、ネット環境はあると前提します。)

・日本Amazonの購入アカウント(普通に買い物をするときのアカウント) ・アメリカAmazonのセラーアカウント ・アメリカAmazonセラーアカウントを開設するためのクレジットカードorデビットカード ・売上を受け取るための「ペイオニア」のアカウント ・ダンボール、ガムテープ、緩衝材などの梱包発送用品

Amazon無在庫輸出転売にかかる初期費用

初期費用として必要になってくるのは以下の2点です。

・アメリカAmazonセラーアカウント月額利用料39.99$(日本円で約4500円) ・梱包発送用品約4000円

約8500円といったところでしょうか。 梱包に使うダンボールはスーパーやドラッグストアに行けば貰えるので その場合はもう少し安く抑えられるかもしれません。

Amazon無在庫輸出転売ビジネスで売れやすい商品

Amazon無在庫輸出転売ビジネスで売れやすい商品・取り扱うべき 商品には以下のような特徴があります。  

・専門性のあるマニアックな商品(カメラ、釣り具、バイクパーツなど) ・売れ行きは良くないが一定数需要のある商品 ・日本のメーカーの商品(日本の家電メーカーなど) ・日本のカルチャーに関する商品(おもちゃ・アニメ関連グッズなど)

このような特徴を総じて考えると「日本的な商品は売れやすい」ということがわかります。 自分が逆の立場(アメリカ人)になって考えてみればわかりますが商品到着まで時間がかかったり値段が高くても輸入品を買うということは現地の(日本の)商品が欲しいからですよね。 例えばアメリカ人にとって同じ写真を撮影するという機能のある「カメラ」でも ”日本のものが欲しい”わけであって、自国の(アメリカ)物でいいのであれば 値段も安く商品到着までの時間も短い商品を買いますよね。 このように日本的な特徴のある商品はアメリカで販売しやすいです。 日本に住んでいる強みを生かしていきましょう。

英語が苦手な人は翻訳サイトを使いましょう

最近は海外Amazonも日本語での問い合わせに対応するようになってきました。 しかしお客様からの問い合わせなどに不安を感じる人は「Google翻訳」を使用しましょう。 昔はちょっと残念でしたが、今はGoogle翻訳の精度もだいぶ上がってきています。 Google翻訳を使えばやり取りするぶんには問題ないでしょう。

Amazon無在庫輸出転売のリサーチ方法

STEP1.アメリカAmazonにアクセスする

googleで「Amazon アメリカ」と検索するとヒットします。

STEP2.赤丸部の検索窓に「日本的」なキーワードを入れて検索をかける

以下に日本的なキーワードの一例を挙げておきます。

・japan ・Japanese ・tokyo ・kyoto ・fujiyama ・ninjya ・samurai ・ONE PIECE ・NARUTO ・hatsunemiku ・などなど・・・

日本を連想させるか日本に関連しているキーワードを入力しアメリカAmazonで 検索をかけましょう。

STEP3.ヒットした商品に対して日本国内で安く仕入れができないか調査

調べるサイトは日本Amazonに限らずヤフーショッピングや楽天、ヤフオクでも構いません。 仕入れることができればどこでも構いませんが、在庫管理をすることを考えると 統一した方が効率がいいかもしれませんね。 日本国内で安く仕入れできそうな商品を見つけたらアメリカAmazonで 無在庫で出品を行います。

同じ日本人セラーの出品物からリサーチする

このようにリサーチをしていると自分と同じ日本人セラーを見つけることがあります。 ライバルである日本人セラーの出品している物を見ることで、そこからキーワードを拾うことができます。 そのライバル日本人セラーがいい評価をたくさん持っているパワーセラーであればかなり販売している証拠なのでマークすることでリサーチが楽になるでしょう。

Amazon無在庫輸出ビジネスで商品が売れた後の流れ

先述したリサーチ方法で価格差の取れる商品を見つけアメリカAmazonで無在庫出品し無事に販売することができたとします。 その後の流れについて説明します。

1.売れた商品を国内最安の場所で仕入れを行う 2.アメリカAmazonセラーアカウントで発送先住所を確認 3.仕入れした商品を梱包し発送する 4.発送が完了したらアメリカAmazonセラーアカウントより発送通知を出す

発送は郵便局の国際便に依頼しましょう。 以上で完了です。

Amazon無在庫輸出ビジネスの注意点

価格差があって利益が出る商品でも商品のサイズに気をつけましょう。 大きな商品は海外へ発送することもあって思わぬ発送料がかかってくるパターンもあります。 無在庫で出品する前に商品のサイズと発送料込みで利益が出るか、これに加えてアメリカAmazonでの販売手数料15%を引いても利益が出るか確認しましょう。 商品サイズは商品ページの下部にサイズの記載があります。 そのサイズでの国際送料については郵便局の国際送料検索サイトを使用しましょう。

Amazon無在庫輸出ビジネスのメリット・デメリット

【メリット】 ・リサーチが比較的容易 ・日本の文化や物を世界へお届けするやりがい ・リサーチが上手くなると一撃で高利益を得ることができる(ただしこれは少しリサーチに熟練度が必要)

【デメリット】 ・薄利多売になりがち ・基本路線が薄利多売ゆえに梱包発送が大変 ・翻訳サイトがあるとはいえ英語アレルギーの人にとってはキツイ

【2】Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネス【販売先:メルカリ/仕入先:Amazon】

販売先:メルカリ 仕入先:日本Amazon Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネスでは日本Amazonで販売されている商品をメルカリで日本Amazonより高値で無在庫出品しその差益を取る手法です。

事前に準備するもの

・日本Amazonの購買アカウント・メルカリアカウント ・梱包発送資材

上記3点で大丈夫です。

Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネスで扱う商品

このビジネスモデルで扱う商品は3000円くらいまでの低価格帯の商品になります。 ジャンルとしては日用品や生活家電、アクセサリー、コスメグッズが売れやすいです。

Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネスの初期費用

このビジネスモデルにおいては無料で作成できるアカウントのみで始められるので初期費用は梱包発送資材のみで始められます。ダンボールはスーパーやドラッグストアでもらってくるとして、1000円くらいで済むと思います。

Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネスのリサーチ方法

STEP1.メルカリにアクセスする

出品しようとしている商品のジャンルを入力し検索をかけます。(今回は例としてアクセサリーと入力します)

STEP2.販売状況の「売り切れ」にチェックを入れて完了ボタンを押す

これはメルカリで売り切れている(人気のある)同一商品を日本Amazonで探すためです。

そして出てきた結果から添付画像のように出品者が撮影したものではない 商品画像を掲載している商品を選択し日本Amazonに同じ商品が無いか検索します。

このようにメルカリ出品者が実際に撮影したものでは無い商品画像はこの出品者もAmazon-メルカリ間で無在庫転売ビジネスをやっている可能性が高いです。 つまり、実際に日本Amazon-メルカリ間で無在庫転売をして利益が取れるということです。 これに乗らない手はありません。 さらに・・・ この商品を出品していた出品者の他の出品物を見ることでこの商品以外にも日本Amazon-メルカリ間で価格差が取れる商品を見つけることができます。 実際に見て見るとこのような感じです。

画像サイズの関係で全てお見せできませんが、どれもこの出品者が撮影した商品画像ではありません。 ということはこのメルカリ出品者があらかじめ日本Amazon-メルカリ間で価格差がある商品をリサーチし出品していることはほぼほぼ間違いないです。 あなたもこれと同じものを出品していきましょう。

メルカリで商品が売れた後の流れ

メルカリで商品が売れたらAmazonで仕入れを行うのですが他のブログなどではAmazonからメルカリ購入者へ直送する、という流れを記載していますがメルカリ購入者の元にAmazonの箱で商品が届いてしまったり、領収書が入っていたりなどでトラブルになる可能性が高いのでやめておきましょう。 一度自宅に商品を取り寄せたのちに発送する方が賢明です。

Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネスの注意点

メルカリのアカウントは一度停止してしまうと新しい携帯電話を契約し電話番号を用意しないと再作成ができません。 少し前までメルカリアカウントを販売している業者もいたのですが 不正にアカウントを大量に作成したとして逮捕者まで出てしまいました。 なのでメルカリアカウントが一度停止してしまうとそれなりの手間とお金がかかります。 Amazonからの直送を避けるなどして慎重に運用しましょう。

Amazon-メルカリ無在庫転売ビジネスのメリット・デメリット

【メリット】 ・各種アカウントを開設するにあたって利用料金がかからない・リサーチが簡単

【デメリット】 ・元々の商品単価が低いので完全に薄利多売・薄利多売に伴い、それなりに売りあげようと思うと梱包発送がかなり大変

Amazon-ヤフオク無在庫販売ビジネス【販売先:ヤフオク/仕入先:日本Amazon】

販売先:ヤフオク 仕入先:日本Amazon Amazon-ヤフオク無在庫転売ビジネスでは日本Amazonで販売されている商品をヤフオクで日本Amazonより高値で無在庫出品しその差益を取る手法です。

事前に準備するもの

準備するものは以下の3つです。

・日本Amazon購買アカウント。 ・ヤフオクアカウント ・梱包発送資材

Amazon-ヤフオク無在庫転売ビジネスの初期費用

日本Amazon購買アカウント、ヤフオクアカウント共に料金はかからないので0円からスタートできます。 商品もメルカリ購入者へ直送してしまうので梱包発送費用もいりません。

Amazon-ヤフオク無在庫転売ビジネスのリサーチ方法

STEP1.日本Amazonで売れ行きの良い商品を見つける

ジャンルはなんでも良いです。 日本Amazonへアクセスします。 今回はPC周辺機器の「マウス」を例に解説しますね。

STEP2.Amazon検索窓で「マウス」と入力し検索

そうするとこのように「売れ筋ランキング」や「ギフトランキング」に出ている商品がありますね。

これらの商品はAmazonで売れ行きが良いので「ランキング」に表示されています。 Amazon-ヤフオク無在庫転売ビジネスではこのようにAmazonで人気がある、売れ行きの良い商品をヤフオクで価格を上乗せして無在庫出品します。 価格はAmazon価格に対して利益率が15%くらい取れるようにつけましょう。 今回はマウスを例にしましたが、Amazonで人気のある売れ行きの良い商品であればなんでも構わないのでジャンルを問いません。 リサーチが「Amazonで人気があるか?」の一点なのでリサーチがかなり楽だと思います。

ヤフオクで商品が売れた後の流れ

ヤフオクで商品が売れたら日本Amazonで仕入れを行います。 添付画像の商品が売れたとします。

STEP1.カートに入れる、をクリックします。

STEP2.「この注文にはギフトが含まれています」にチェックを入れて「レジに進む」をクリック

ページ下部にメルカリ購入者の発送先情報を入れて「この住所を使う」をクリック。

そうすると次のページに進むので、

STEP3.先方に金額がわからないようにする

「納品書に金額を表示しない」にチェックを入れてギフトメッセージに「ヤフオク出品者の○○です。Amazonのマルチ配送サービスを利用して発送させていただきました。」 と入力し、最後に「ギフトの設定を保存」をクリックして次に進みましょう。 あとは注文を確定させればOKです。

Amazon-ヤフオク無在庫転売ビジネスのメリットデメリット

【メリット】・Amazonでの人気商品を探すだけで良いのでリサーチは楽 ・メルカリ購入者へ直送するので梱包発送しなくて良い ・パソコン1台とネット環境だけでどこでも取り組める

【デメリット】・薄利多売である ・1個あたり販売するための出品数が多い(1個売るのに手間がかかる)

Amazon無在庫輸入ビジネス【販売先:日本Amazon/仕入先:米Amazon】

販売先:日本Amazon 仕入先:アメリカAmazon Amazon無在庫輸入ビジネスではアメリカAmazonで販売されている商品を日本Amazonで高値で無在庫出品しその差益を取る手法です。

事前に準備するもの

以下の4点が必要です。

・アメリカAmazonの購買アカウント ・日本Amazonのセラーアカウント ・MyUS(アメリカの商品転送業者) ・梱包資材 ・PRIMA(各国Amazonの価格差リサーチツール)

初期費用について

日本Amazonのセラーアカウント月額約5000円とMyUSアカウント月額7ドル 梱包資材1000円、合計で約6700円が必要です。

Amazon無在庫輸入ビジネスのリサーチ方法

STEP1.日本Amazonを開く

STEP2.海外製品がヒットするようにキーワードを入れて検索

並行輸入品、輸入、importなどの海外製品であることを思わせる検索キーワードを入力します。 そうすると海外でも販売されているものが検索結果としてヒットします。 価格帯は3万円〜20万円くらいのものに絞りましょう。 (安すぎても利益は取れないし高すぎても万が一のリスクがあるためこれくらいの価格帯) 例えばこの商品を見てみましょう。

この商品の商品名である「(アークテリクス) ARC’TERYX Alpha SV Jacket Men’s【並行輸入品】」から英語表記である「ARC’TERYX Alpha SV Jacket Men’s」をコピーしてアメリカAmazonで検索をかけます。 そうすると同じ商品がヒットしました。

この商品が最安で524$なので日本円で約57640円です。 日本Amazonでもし販売できれば89727円です。 こういった商品を日本Amazonで無在庫出品していきます。

商品が売れた後の流れ

海外のネットショップで買い物をした場合、日本に直送できる場合と海外の転送業者を通さないと日本に発送してもらえない商品があります。 日本に直送できる場合は自分の家へアメリカAmazonから直送してもOKです。 もし日本に直送できない場合はアメリカの転送業者のMyUSを利用しましょう。 MyUSアカウント開設時に提供されるあなた専用の「転送用の住所」が与えられます。 アメリカAmazonで商品を購入するときにその発送先住所に送ってもらいましょう。 MyUSから日本へ転送してもらう際にMyUSのマイページからどこへ転送すれば良いか入力する欄があります。 その転送先に自分の住所を記載しましょう。 なお関税がかからない場合は日本Amazonで購入してくれたお客さんへ直送しても大丈夫です。 ※関税についてはこの後記載

Amazon無在庫輸入ビジネスの注意点

商品を海外から輸入する場合は関税と送料に気をつけましょう。 送料についてはMyUSやアメリカAmazonで商品購入時に確認しましょう。 関税については購入金額の合計が16667円以上になると関税がかかってきます。 関税の計算式は以下の通りです。

購入金額×60%×関税率=支払い関税額

関税率は衣類、アクセサリー、機械類など品目によって変わってきます。 関税率は税関のホームページよりチェックしてください。 送料と関税を加味しても利益が出るように心がけて出品しましょう。

Amazon無在庫輸入ビジネスのメリット・デメリット

【メリット】・一個販売しての利益が他の無在庫の手法に比べて圧倒的に大きい ・それにより梱包発送の手間が少ない

【デメリット】・英語アレルギーの方にとっては辛い ・関税や送料計算をミスすると赤字になる可能性がある

国内無在庫転売ビジネス【販売先:日本Amazon/仕入先:ヤフオク、メルカリ、オタマート】

販売先:日本Amazon 仕入先:ヤフオク、メルカリ、オタマートなど 国内無在庫転売ビジネスではヤフオクで販売されているが、日本Amazonで販売されていない商品を自分でAmazonで商品ページを新規で作り高値で販売し利益を取る手法です。 この手法はあまり一般的に広まっておらず、発信しているのは私くらいですので とても貴重な情報なのではないかと思います。

事前に準備するもの

事前に準備するものは以下4点です。

・Amazonセラーアカウント ・ヤフオクアカウント ・メルカリアカウント ・オタマートアカウント

国内無在庫転売ビジネスの初期費用

国内無在庫転売ビジネスにかかる初期費用はAmazonセラーアカウントの 月額4900円(税別)のみです。 そのたアカウント開設に費用は必要ありません。

国内無在庫転売ビジネスで取り扱う商品

アニメグッズ・芸能人グッズを取り扱います。 ほとんどの商品はAmazonに存在するのですがアニメグッズ・芸能人グッズに限ってはAmazonに存在しない商品が非常に多く存在します。

国内無在庫転売ビジネスのリサーチ方法

STEP1.ヤフオクを開き、「条件指定」をクリック

STEP2.アニメorタレントグッズのヤフオクでの需要を探す

「終了したオークション」タブをクリックし「コミック、アニメグッズ」もしくは「タレントグッズ」を選択し「検索」ボタンをクリックします。 今回はコミック、アニメグッズを例に解説します。

そうするとヤフオクの「コミック、アニメグッズ」カテゴリーのヤフオクでの過去120日間の落札履歴が表示されます。

ここでの考え方は、「ヤフオクで落札されているアニメの商品はAmazonでも需要があるだろう」という考えです。 ヤフオクのコミック、アニメグッズカテゴリーの落札履歴を見るとガンダムのグッズが落札されていることが判明しました。 そこで、 「Amazonでガンダム関連のAmazonに無い商品を出品すれば需要があるだろう」 という予想の元、「ヤフオクにあってAmazonに無いガンダムグッズ」を探します。

STEP3.ヤフオクトップに戻り「ガンダム グッズ」で検索

そうするとガンダム関連のグッズがヒットします。 そしてそれぞれの商品に対してAmazonにあるかないかを調べます。 例えばこの商品。

この商品がAmazonにあるかないか調べるためには赤丸部のヤフオク商品タイトルをコピーしAmazonの検索窓に貼り付けて検索します。 その結果、この商品はAmazonで出品されていませんでした。

私の国内無在庫転売の手法ではこういった「ヤフオクにあるけどAmazonにない商品」をAmazonで商品ページを作成してしまいAmazonで無在庫販売します。 ※出品のやり方については後述します。 今回は例としてガンダムグッズでやりましたが他にも色々なアニメ関連グッズや 芸能人・アイドル関連グッズが売れます。 他にどのような商品が売れるのか、という例として私の販売事例を紹介しますね。

商品の販売事例

販売価格の決め方

Amazonにない商品を自分で商品ページを作るということはそもそもライバルがいないので自分で商品価格を設定する必要があります。 販売価格の目安はAmazonで販売して大体利益率が50%くらい取れるようにAmazonで価格を上乗せして出品します。 例えばヤフオクで3000円で出品されているものであればAmazonでは6980円くらいの価格で出品します。 「ちょっと差益を取りすぎじゃないか?」 「そんなに高く設定して売れるのか?」 と思われたかもしれませんが、これくらいの感覚の値段設定で普通に売れていくのでご安心ください。

Amazonに無い商品の商品ページを作る方法

Amazonに無い商品の商品ページを自分で作る方法は2工程あります。

1.「ノーブランド品」というブランドを取得する

Amazonで商品ページを作るためにはその商品のブランド(メーカー)を提示する必要があります。 しかし私たちはその商品がどこのメーカーなのかもわからないし一個一個調べるのもめんどくさいのでまとめて「ノーブランド品」というブランド名で出品します。

STEP1.Amazonセラーセントラルの検索窓に「コード申請」と入力

下にスクロールすると赤丸部の文言があるのでそれをクリックします。

STEP2.「こちら」をクリックします。

STEP3.ページ下部の「出品を申請」をクリック

商品カテゴリーに「おもちゃホビー」を選択します。 ブランド/出版社に「ノーブランド品」と入力します。 「利用資格の確認」をクリックします。

「申請を続ける」をクリックします。(※私はすでにノーブランド品を取得しているので画像の説明では「ノーブランド」で進めます)

次に別タブでヤフオクで「ハンドメイド おもちゃ」で検索します。

そしてAmazonセラーアカウントに戻り、「いいえ」のラジオボタンにチェックを入れて 先ほどヤフオクで「ハンドメイド おもちゃ」で検索してヒットしたものの中から適当に商品を選び、商品名と商品画像を選択し(最低2つ)「申請を送信」ボタンをクリックします。

ここまで完了すると24時間以内に「ノーブランド品」というブランドが取得できるので 次のステップで実際の出品作業に移ります。 ※ブランドを取得するためにしようしたヤフオク商品は実際には出品しません。

2.実際にAmazonに商品ページを作成する方法

STEP1.在庫管理タブをクリックし「商品登録」をクリック。

STEP2.「商品を新規に登録する」をクリック

STEP3.出品するカテゴリーを選択

今回はアニメグッズを例としますので「ホビー」と「その他(ホビー)」 を選択して、選択ボタンをクリックします。 もし芸能人グッズであれば、「ホビー」と「アイドル・芸能人グッズ」を選択してください。

今回は以下の商品を例として出品作業を行なっていきます。

・商品名・・・ヤフオクのタイトルを入力します。ただし「☆」などの記号や送料無料、などのヤフオク独特のワードは除外します。 ・ブランド名・・・ノーブランド品と記入 ・メーカー名・・・ノーブランド品と記入

次にバリエーションタブは無視して出品情報タブをクリックします。

・出品者SKU・・・ヤフオク商品のオークションIDを記入します。オークションIDはヤフオク商品画像の下の商品状態の説明欄に記載があります。 ・在庫・・・1と入力。 ・販売価格・・・Amazonで販売して利益率が50%くらい取れるようにします。今回ヤフオク商品が5万円なので 10万円くらいで出品しましょう。 ・ポイント・・・未記入 ・コンディション・・・新品の商品であれば新品、中古であれば中古-良いを選択 ・フルフィルメントチャンネル・・・「商品が売れた場合自分で商品を発送する」にチェックを入れる

次に商品画像タブをクリックします。 「ファイルを選択」をクリックし、商品画像の設定をします。 商品画像はヤフオクの画像をスクリーンショットしてから持ってきましょう。 ただし、「メイン画像」には商品の状態が最もよくわかる画像を選択しましょう。

最後に「詳細」タブです。 メーカー型番、型番を入力するのですが、任意の数字ですので両方とも「1」とでも入力しておきましょう。

最後に「保存して終了」をクリックして出品作業は完了です。 約15分くらいでAmazonへの反映が完了されます。

商品が売れた後の流れ

Amazonで商品が売れたらヤフオクで商品を落札します。 その後Amazon購入者へ直送してもいいですし、不安であれば一度自宅に取り寄せてAmazon購入者へ発送してもいいです。

国内無在庫販売のメリット・デメリット

【メリット】

・基本的に薄利多売な無在庫転売において利益率が50%以上ある  ・他の手法に比べて1個販売するための必要出品数が少ない  ・パソコンとネットだけでどこでも取り組める  ・1個販売して得られる利益が大きい

【デメリット】
・他の無在庫転売の手法に比べてデメリットらしいデメリットが見当たらない・・・

的場祐樹

最後に紹介した国内無在庫転売のやり方は無料動画講座でより詳しくお伝えしてますので、良かったら受講してみてください!

 

w650matob@gmail.com