完全在宅ワークのバイヤー活動で買って良かった・微妙だったもの

こんにちは、海外在住バイヤーの石田起子です。

最近やっとドイツのロックダウン規制がゆるくなってきてリテールショップも開いてきたのですが、まだまだ予約をしないと入れない、という状況なので引き続き家に引きこもっています。

ずっと家の中にいると毎日同じことの繰り返しで、だんだん飽きてきてしまいますよね。

そこで新しいアパートへ引っ越しをしたこともあり、 お仕事する環境(デスクまわり)を整えていく中で海外在住バイヤーの石田起子的に買って良かったもの、微妙だったものについてお伝えしたいと思います。

完全在宅ワークのバイヤー活動で買って良かった・微妙だったもの

「完全在宅ワークのバイヤー活動で買って良かったもの、微妙だったもの」の動画版はこちら☆

微妙だったものは1つだけでほとんどは買って良かったもの、そして本当におすすめしたいものなんですがまずは微妙だったものからご紹介してきたいと思います。

微妙だったもの:マウスパッド

以前ドイツに来てすぐAirBnBに滞在していた時のお部屋のデスクの表面がガラス製だったんです。

最近のマウスは性能が良くなってきているので全く反応しない、というわけではないのですがマウス命の私にとっては、マウスの反応が少し悪くなるだけでも作業スピードにかなりの影響が出て気ます。

そこでわざわざ電気屋さんに行ってマウスパッドを買ってきました。

マウスパッドの腕置きの部分が普段なしで慣れている私にはあまり合わず、結局引っ越してからトップがガラスじゃないデスクを購入しました。

良かったものその1:EU→アメリカのたこ足配線

日本とアメリカだとコンセントの形状が一緒なのでこの問題がないのですが、ヨーロッパのコンセントは形状が違います。

私が持っているデスク周りの電化製品はアメリカか日本で購入したものが多いうえ、仕事上、電化製品をたくさん使うので購入しました。

普通の電気屋さんではEU→アメリカのたこ足配線は置いていなくて、Amazonで購入しました。

ちなみにUSBポートが付いているものは、携帯の充電器や動画を撮影する際のライトがダイレクトでさせるのでとても便利です。

良かったものその2:フリクション

みなさんご存知かと思いますが、消せるボールペン、フリクション!

私がアメリカに住み始めた当初はまだ世界的にフリクションは出回っておらず、文房具屋さんやスーパーでは売っていなかったので、日系の雑貨屋さんで購入していました。

LAからバンクーバーに引っ越した際に全て無くしたこともあり使っていなかったのですが、最近では普通の文房具屋さんで購入できるようになったので再度購入して使っていますが…やっぱり使いやすいです。

良かったものその3:ビューティーライフダイアリー

長谷川エレナ朋美さんプロデュースの手帳です。

ただ予定をコントロールする手帳ではなく、自分の夢や目標をマネジメントするための手帳です。
去年の12月に日本からお取り寄せをして1月に届いたのですが、待ったかいがあってとても良いです。

この手帳を使って、2021年はより飛躍できる年にしたいです☆

アメリカとオーストラリア在住の方はそれぞれの国内から発送が出来るようなので、気になる方は調べてみてくださいね。

良かったものその4:Aeron chair

完全在宅ワークなので長時間椅子に座って仕事をしている私は、ずっと良い椅子が欲しいと思っていました。
いつ引っ越しをするか分からない状態だったのでなかなか手に入れられなかったのですが、ドイツに引っ越しをしてやっと購入しました。

購入したのはハーマンミラーのアーロンチェア!

仕事柄、長時間椅子に座るので腰が痛くなるのですが、それが劇的に解消されました。
機能的な面では、座面の高さを変えられるのはもちろん、手すりの高さや幅・背もたれの角度まで変えられるのがとても良いです。

私が購入したものはヴィトンのバッグと同じくらいの価格でとても高かったですが、健康はお金では買えないので、有益な投資だったと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今日はバイヤー活動をする上で買って良かったもの、微妙だったものについてお伝えしました。

作業環境を整えることってあなたの作業効率アップに繋がるので立派な投資ですよね。

働きやすい環境を作ってバイヤー活動の効率アップを図りましょう!


メールマガジンでもブログの更新状況やブログではお伝えしていない、バイヤー活動に役立つ考え方などもご紹介しています。
登録はこちらから!

 

f09078366960@gmail.com