サーモス山専ボトルの保温保冷カバーをウルトラライトに自作してみた

こんにちは!
夫婦で登山を楽しんでいるyamatomoです!

冬の登山好きにユーザーが多いサーモスの山専ボトル。

何と言ってもその保温力が凄いのは周知のこと。

冬の山で寒空の下、お湯を沸かさなくても、このサーモスに入れて持参したお湯でカップ麺が食べられる。

我が家では、冬の山にはもはや欠かせない山道具のアイテムの一つとなっている。

そのサーモスの山専ボトルには、メーカーオリジナルの専用カバーもあるけど、今回、自分でカバーを作ってみた。

なかなかいい出来になって、まぁまぁ満足のいくアイテムになった。(笑)

サーモスの山専ボトル

サーモスの山専ボトルについては、登山好きにはもう言わずと知れたアイテムであることは言うまでもなく、山道具としてのその存在感は大きい。

オンシーズンの山の上では、ストーブやコッヘルをセットしてお湯を沸かすという行為自体が楽しかったりもするけれど、オフシーズンの冬の山では寒すぎてそれどころではない。(笑)

冬の山では出来るだけ体を冷やさないように、必要最小限の行為で時短したいのが正直なところ。

このサーモス山専ボトルがあれば、気温が低い冬の山頂でも直ぐにお湯を入れて温かいカップ麺を食べ、体を温めることができる。

早朝に家で沸騰したお湯をサーモスの山専ボトルに入れ、冬の森吉山で雪山登山に行き、山行を終えてゴンドラの山頂駅にある休憩所でお昼ご飯にした時、もう既にお昼はとっくに過ぎていて、移動時間も含めると8時間以上も経過していたけど、お湯の温度は84℃を保っていた。

そのお湯で温かいカップ飯を頂いた。

寒い時は、温かいものと糖質を摂ると代謝熱がより多く得られて、冷えた体を温めてくれる。

山で食べるということは、体の全ての源であるエネルギーを補給する大事な行為。
冬は、特に温かいものを食べることで、自分の体を守ることにもなる。

その冬山の大事な山ご飯のお供にサーモスの山専ボトルは、もはや欠かせない重要な役割を担ってくれる頼もしいアイテムだと思う。

サーモス山専ボトルにした理由

山専用に開発されたボトルでユーザーが多い商品と言えば、サーモスの山専ボトルだけではなく、mont-bellのアルパインサーモボトルも人気だけど、私は迷わずサーモスの山専ボトルを選んだ。

その理由はいたってシンプル。

保温保冷ボトルを長年研究を積み重ねて商品開発してきた経緯に、敬意を払ってサーモスを選んだ。ダジャレではないですよ。(笑)

何でも商品って最初に開発したところや、長年に渡って同じ商品をアップデートしつつ作り続けている方が、その分経験値も多く商品力が強いと思うから。

なので、サーモスの山専ボトルを迷わず選んだ。

保温保冷ボトルの老舗と言ったら、やはりサーモスの右に出るものはないと思う。

今まで使っていたサーモスの600mlのものは、冬山のコーヒー用に使い、新調した900mlのサーモス山専ボトルはお湯専用に使い分けることにした。

サーモス山専ボトルのカバー

サーモスの山専ボトルには本体がすっぽり入る専用のカバーがメーカーから出ている。

もちろん保温保冷効果を助長してくれて、衝撃に強く本体の傷つきを防止してくれる。

カバーの重さは、90g

まぁ、悪くはないんだけど、残念ながら私の好みではないと、なんか見た感じだと、

yamatomo
自分で作れそう

って思って、軽量化も兼ねて今回自作することにした。

サーモス山専ボトルの保温保冷カバーをウルトラライトに自作

ってやっとこの記事の本題に入る。(笑)

サーモス山専ボトルの保温保冷カバーをウルトラライトに自作してみましたっ!

もともと、色々と山用に自作するつもりで、アウトドアー用の生地やアルミの遮熱材などを取り寄せていたので、それを利用して作ってみた。

使った材料
  1. アストロフォイル
  2. 0.34 oz Dyneema Composite Fabric
  3. 超多様 瞬間接着剤 スーパーX クリア
  4. 1.5 mm MINI cord
  5. シリコーンのコードストッパー
  6. 透明のポリエステルミシン糸

重さは、29.4g。

サーモスの山専ボトルの専用カバーの約1/3の重さに仕上がった。

ウルトラライト的には、この軽さに大満足。(笑)

見えるかな?

ダイニーマは、引っ張りに強い高強度と防水性もあり、超軽量なファブリック。

今回、家庭用ミシンでポリエステルの透明なミシン糸(色付き)を使って縫ったのですが、適当に作ったらサイズがほんの少しきつく、サーモス山専ボトルを入れたら、ミシンの穴から生地がやや裂けてしまった。

yamatomo
あらら
これ、引っ張りには強くても裂けるんだ

と、ちょっとファブリックに疑問が残りましたが、ダイニーマやキューベンファイバーの既製品を見ると、縫い目は2重に平行に縫い合わせていたので、次回の縫製の課題として、今回はこれで良しとした。

まぁ自分で使うものだし、満足、満足。

サーモス山専ボトルの底についているゴムを外せば、ちょっと余裕ができてジャストサイズになった。

うちは、基本的にカバーをつけたまま使用するので、ゴムは外しても問題ない。

まとめ

今回は、サーモス山専ボトルを新調して、専用の保温保冷カバーを自作してみて、ダイニーマの縫製に課題が残ったけど、自分で使う分には大した問題ではないので、大満足なできとなった。

それと、生地自体は防水性だけど、縫製部分から浸水してくるので、そこは今後、他の物を作るにしても大きな課題となりそうです。

サーモスの山専ボトル自体は濡れても問題ないアイテムなので、今回はさほど気にしてなくて、おいおい考えていこうと思います。

個人制作なので限界はあるけど、ある程度、頭の中で構想があるので、そのうちに試してお伝えしたいと思いまっす。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!
愛と感謝を込めて

yamatomo

 

tomokoyamashita1213@gmail.com