メルカリを使って転売で稼ぐ方法

こんにちは。

今回はメルカリを使って転売で稼ぐ方法について

お伝えしようと思います。

 

メルカリって何?って方はあまりおられないかもしれませんが

わからない方は以下を参考にしてください。

https://www.mercari.com/jp/

 

要は主に一般の方が不用品を販売し、それを欲しい人が

メルカリを通して買っていく「場」を提供している

フリマアプリですね。

 

メルカリは「場」を提供する代わりに販売手数料を

10%ほど販売価格から徴収し、それで稼いでいます。

 

このメルカリを転売にどう取り入れるか

この記事で解説していこうと思います。

 

ツールを使ったメルカリ無在庫転売はダメ

 

 

 

 

 

 

少し前にツールを使ってamazonの商品をメルカリに

出品して無在庫転売する手法が流行りましたがあれはやらないほうが良いです。

 

ツールを使った無在庫転売に関してメルカリが大幅な規制をかけましたし

ツールでの出品をメルカリ側が検知して、検知されるとメルカリアカウントが

停止してしまいます。

 

それでもメルカリアカウントを販売してくれる業者が

ヤフオクでいたのですがメルカリアカウントを不正取得して

逮捕される業者まで出ました。

 

それ以降ヤフオクでメルカリアカウントを販売している

業者は一切見なくなりました。

 

つまり一度アカウントを飛ばしたらそこで終了です。

 

なので今現在ではもう使えない手法になっています。

 

販売先としては使用しない

 

 

 

 

 

 

メルカリ転売はまず、販売先としてメルカリは使用しません。

 

理由は、メルカリの購入者は年齢層が若めなこともありますし

フリマアプリの利用者は「なるべく安く購入してやろう!」という

意識のお客さんがほとんどです。

 

こういった層のお客さんを相手にすると疲れますし

商品を高く販売できません。

 

なので転売の販売先としてメルカリを選択するのは

あまり賢い選択とは言えません。

 

メルカリは仕入先として販売先はamazon

 

 

 

 

 

 

ズバリ、メルカリ転売はメルカリを仕入先として

amazonで販売するのが一番いいです。

 

先程お伝えした、

 

・メルカリの利用者の年齢層が若め

・購入者の意識が「なるべく安く購入すること」に集中しているので

商品全体が相場に比べて安価

・不用品の処分という意味合いが強い

 

このようなことからメルカリは商品の仕入先として最適です。

 

販売先をamazonにしたほうがいい理由は

以下の記事を御覧ください。

 

副業で転売をやるなら絶対amazon

 

実際に価格差のある商品事例

ここでは実際に価格差のあった商品を一部

紹介しようと思います。

 

・amazon価格

 

 

 

 

 

 

・メルカリ価格

 

 

 

 

 

 

・amazon価格

 

 

 

 

 

 

・メルカリ価格

 

 

 

 

 

 

・amazon価格

 

 

 

 

 

 

・メルカリ価格

 

 

 

 

 

 

一番最後はすごいですね。

こんな感じで、

 

・メルカリの利用者の年齢層が若め

・購入者の意識が「なるべく安く購入すること」に集中しているので

商品全体が相場に比べて安価

・不用品の処分という意味合いが強い

 

この様な理由からメルカリはネットの相場より

かなり安めに出品されていることがわかりましたね。

 

なのでメルカリ転売では、メルカリを仕入先に

選定するのが一番いいのです。

 

メルカリ転売のリサーチのコツ

 

 

 

 

 

 

どのようにメルカリとamazon間で価格差がある商品を

見つければよいかについて解説しますね。

 

まず前提としてメルカリの出品物は不用品の処分が多いので

中古の商品がほとんどです。

 

なのでメルカリ転売では中古品を扱うことを

おすすめします。

 

僕がメルカリ転売のリサーチで

意識していることは以下の点です

 

amazonで中古しか無い商品をメルカリで探す

一番美味しいのはこれです。

 

新品の出品者がいなく、中古の出品しか無いということは

その商品がかなり型落ちの商品だと言うことを示しています。

 

amazonでは中古品の価格が落ちにくい傾向にあります。

 

これは中古でも「amazonで買ったら安心だから新品より安いなら中古でいいや」

という購入者の意識であったり、型落ちしていても性能や人気があったりする

商品は中古でも価格が落ちにくいです。

 

先程からお伝えしているようにメルカリの利用者は

不用品の処分という目的の人が多いです。

 

わざわざamazonとの価格差を調べたりするような

業者ではないので、

 

古いもの=安い

 

という概念が色濃く残っているのでamazonで中古しか

ない商品はメルカリでかなり安く仕入れができる場合があります。

 

これがメルカリ転売において一番簡単で価格差の

ある商品を見つけやすいリサーチかなと思います。

 

中古の出品者数が新品の出品者数を上回っている

中古の出品者が新品の出品者を上回っているということは

その商品自体新品の流通量が落ちてきている、つまり型落ち品

である可能性が高いです。

 

メルカリ出品者は、古い=安いという考えなので

これもamazonとメルカリ間で価格差が取りやすい商品の

特徴となります。

 

amazonで中古の出品者が新品の出品者を上回るまでは

いかなくても、新品の出品者数の半分くらい中古の出品者が

いれば僕はリサーチするようにしています。

 

まとめ

・メルカリ転売ではメルカリは仕入先として使用する

・販売先はamazon

・メルカリとamazonでは利用者層や用途の目的から

価格差が発生している

・amazonで中古の出品者しかいない商品は狙い目

・amazonで新品の出品者がいても中古の出品者が多い商品は狙い目

 

以上になります!

 

僕は専門は無在庫転売なので、もしよかったら以下の記事も

見てみてください。

 

amazonを使って無在庫転売をする方法

w650matob@gmail.com